按摩マッサージ指圧の適応疾患

 按摩マッサージ指圧についても適応疾患を調べてみた。こちらは鍼灸のように世界保健機(WHO)のような公的機関のお墨付きではないが、専門学校時代の教科書を引っ張りだして調べてみることにした。

☆あん摩指圧マッサージの効果

1、血液・リンパ液の循環をよくし新陳代謝を活発にする。

2、筋肉や骨などの運動器の拘縮・癒着・硬結を砕き除くなど積極的に作用し諸器官の機能を亢進させる。

3、神経機能と循環機能との相乗効果により自律神経を介して内臓器官の働きを活発にする。

4、以上の3点により、健康人にあっては、健康度をより維持することが可能であり、また次のような疾患に対しては治療効果が期待できるので適応症とする。

※例により「八倉治療院」で大変効果がみられたものは、◎印を、大変効果がみられたが、まだ扱う件数が少ないものに関しては、◯印を記しておくことにする。

☆按摩マッサージ指圧の適応疾患

①神経系疾患……………
◎神経痛、◎末梢神経麻痺、◎末梢性痙攣、脳卒中後遺症、ポリオ、◯ノイローゼ、◎不眠症、ヒステリーなど

②運動器疾患……………
◎頸肩腕症候群、◎腰痛症、◯五十肩、◎変形性膝関節症、関節リウマチ、◎筋肉痛、◎腱鞘炎、◎軽度の筋炎・腱炎、軟部組織の拘縮による関節の変形、骨折・脱臼・捻挫の後遺症、筋萎縮、筋力減退など

③消化器疾患……………
胃下垂、◎常習性便秘、◯慢性胃炎、慢性腸炎など消化器機能の低下したものなど 過敏性腸症候群、◯胃腸のアトニー、

④呼吸器疾患……………
気管支喘息、慢性気管支炎など

⑤循環器疾患……………
心臓神経症、局所性の充血、うっ血、貧血、水腫など

⑥婦人科疾患……………
うっ帯性乳腺炎、◎更年期障害、◯月経困難症など

⑦泌尿生殖器疾患………
膀胱麻痺、膀胱けいれん、膀胱炎、乳腺障害など

⑧新陳代謝疾患…………
痛風、脚気など

⑨いわゆる不定愁訴症候群………
◎頭重、◎頭痛、◎めまい、◎耳鳴り、◎不眠、◎全身のだるさ、◎肩こり、◯冷え性、のぼせなど

⑩その他…………………
◎眼精疲労、◯病後の体力回復など

※この4の「健康人にあっても健康度をより高度に維持することが可能である」という表現が嬉しい。普通、患者さんは、痛みが治まったり、症状が改善されると治療を放棄されてしまうケースが、じつに多い。もっともっと確かな健康づくりに「あん摩指圧マッサージ」を役立ていただけるとありがたいと思う。


人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。
[PR]
by yakura89 | 2009-07-04 06:50 | 八倉治療院ご案内 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/10549555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。