【健康相談】ヘルニアは治る?

004.gifヘルニアは治る?(「くち得ナビ」の相談・質問掲示板より)

 「ヘルニアで悩んでいます。病院へ通っているのですが、あくまでも改善では無く、一時的に痛みを和らげるだけの治療にしかすぎません。手術はしたくありません。なにか良いアドバイスがあれば、教えてほしいのですが」

058.gif「手術をしないで、治すことを考えるのが、主流となってきています」

 「ヘルニア」は、頸椎なのか腰椎なのかということで、症状が全く変わってきます。せっかく病院に通っているので、どこの部分(椎骨の何番目)かを知っておく必要があります。お答えは、最も一般的な「腰椎椎間板ヘルニア」ということで、述べさせていただきます。

 「椎間板ヘルニア」というのは、腰椎の間にある椎間板が、飛び出すことで神経根を圧迫し、腰痛を引き起こす病気です。比較的、若年層にも多く見らる。ポピュラーな腰痛の原因のひとつです。整形外科では、レントゲン撮影で椎間板の飛び出しが確認できるために、神経根を圧迫している様子がよく分かります。この場合、ひどい場合は、入院して様子を見ます。安静にすることで痛みが治まる場合もあります。それでも痛みが治まらない場合は、ブロック注射で痛みを抑えます。さらにそれでも、痛みが治まらない場合は、手術により、飛び出した椎間板を切除することで、神経根への圧迫を取り除きます。ところが、最近では、椎間板の再生に支障があるということで、このような手術をしないで、治すことを考えるのが、主流となってきています。そこでは、「鍼灸マッサージ」などの治療は、もっとも有効な治療法であることはいうまでもありません。

 そもそも「椎間板ヘルニア」がなぜ起こるのか考えてみる必要があります。椎間板は、もともとは、椎骨と椎骨をつなぎクッションの役割を果たしています。それが飛び出すということは、それをサポートしている筋肉が異常なくらいに拘縮していることを表しています。脊柱を支える筋肉としては、伸筋群として、多裂筋、最長筋、腸肋筋などの脊柱起立筋があります。また、屈筋群として主に大腰筋があります。これらの筋肉が拘縮してくると椎間板は、上下から圧迫を受けることにより、飛び出すことが考えられます。ということは、単純に考えても、拘縮している筋肉を緩めて柔らかくしてあげることで、椎間板の飛び出しを食い止めることができるのだということが考えられるはずです。だから、「椎間板ヘルニア」って聞いてもそんなに驚かなくてもいいです。それより、治療の専門である信頼できる鍼灸マッサージ師を探すことの方が、より大切になってきます。

 ここで心配なのは、知らないことのために、患者さん自身が、誤った治療を受けてしまわれることです。先に整形外科の治療の話をしたが、病院で処方される痛み止めの内服薬は、あまり飲んで欲しくない薬です。神経が痛みを発するのは、身体が、私たちに警告を発しているからです。「これ以上無理すると危険ですよ」。言葉を発する変わりに、このような痛みという現象を起こすことで私たちに危険を促しています。これはまさに、身体を守るための安全システムが正常に働いている証拠です。「鎮痛剤」が、いかに私たちの身体のシステムからいって自然に反するものかは、以上の説明でわかっていただけだと思います。ましてや、神経を麻痺させることで効果を発揮する「ブロック注射」が、いかに危険な物であるかは、想像するだけでも恐ろしいことだと、私には思えます。このような、神経に作用する薬なり注射なりの治療を受けた患者さんほど、私たち「鍼灸マッサージ師」の治療に、効果が発揮されにくい場合が多いのです。私たち鍼灸マッサージ師の力を借りて、あなた自身の持っている自然治癒力で治されることが、最もいい方法です。
[PR]
by yakura89 | 2009-09-04 07:39 | 健康相談 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/11045634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。