ありがとうございます新患200人達成!

☆夢の宿、もう一度この空間を味わえる日はまた来るのだろうか?
e0167411_18341680.jpg

☆夢の宿、こういう空間づくりが実にうまい。
e0167411_18391362.jpg


029.gif ありがとうございます新患200人達成!

 私は、もう何年も前からマリナーズのイチロー選手を応援しています。イチロー選手は、毎年年間200本以上のヒットを打つことを目標にしています。いつしか私もその200本が、「新患200人達成」という目標になって、「200」という数字を意識するようになってしまいました。それが実は昨日、達成できたのです。本当はこういう記事は、その日のうちに書くのがホットなのですが、昨日は、家でヒラリーさんとお祝いをやっていましたので、達成報告を今日行っています。私たちがどのくらいこの記録を心待ちにしていたかおわかりいただけるでしょうか。もちろん、イチロー選手のように200本という数字を、何年も連続しているスーパースターと比較にはなりませんが、新患何名というのは、治療院をやっているものにとっては、結構こだわるところかもしれません。今日の話題は私の「こだわり」をお話しようと思っています。

 ところで、3年ちょっとやっていて、200人という数字は、あまりたいした数ではないかもしれません。「ええ、それっぽちで大丈夫なの?」と、思われる方もいるかもしれません。そういう私も、正直「200人」という数字に3年以上も費やすとは、思っていませんでした。でも、この世界は、野球のメジャー・リーグまではいきませんが、それに、負けないくらい厳しいものがあるのです。3年間の専門学校の勉強を経て国家試験に合格しても、開業する人は、その内の10パーセントにも満たないのです。ましてや、開業できたとしても5年以上続けられるのは、その内のまた10パーセントにも満たないのです。ですから、こうして八倉治療院が、3年間も頑張っているというのは、もしかしたら奇跡的なことかもしれません。それもやっぱり、ひとえに200人の患者さんのおかげなのです。

 マリナーズのイチロー選手もそうとう頑固なこだわり屋さんのようですが、八倉治療院の院長もそれに負けず劣らずのこだわり屋さんです。こんな不景気な時代にあっても、経営よりも内容を優先してきました。「患者さん第一主義」は、決して曲げません。ただし、それは、数よりも質を優先します。「患者さん、一日限定3名」もずっと守ってきました。余程のことがない限り、それ以上はやることはありません。しかし、その3人の患者さんには、「全力投球」します。決して妥協は許しません。治療する以上、「治っていただく」ためのゴールにむけて、二人三脚の治療を行います。それが、「治療院」の使命だと考えているからです。もともと「八倉治療院」の最大のコンセプトは、「世のため人のため」。どうせ、何かをやるなら、大きなことをやろう。それが、この道に進む第一歩だったからです。それ以来、私の目標に何も軌道修正や変更はありません。

 では、「新患200人達成」できた今日現在。どのくらい目標が達成出来たか、厳しい目で客観的に自己評価すると、多分、8割ぐらいでしょうか。最大に全力投球した結果が、8割です。質を優先するといってもこの世界は、なかなか厳しい。簡単に努力が報われる世界ではありません。また、患者さんの要求はそれ以上に高かったりします。ですから、「研究」や「努力」が、永遠に続くのがこの世界なのです。多分どの世界も同じなのだと思いますが、求められるのは数字と結果です。そういう点では、メジャー・リーグの世界も治療院経営の世界もそんなに変わるものではありません。「新患200人達成」は、あくまで通過点ではありますが、私にはとても大切な通過点なのです。
[PR]
by yakura89 | 2010-07-06 20:33 | 八倉治療院エトセトラ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/12912680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。