TARZAN「免疫力」より

e0167411_920449.jpg

029.gif 雑誌TARZANの今月の特集は「免疫力」

 ここ最近になってめっきり寒くなってきました。先月までは25度以上の日がけっこうあったのですが、今日はこんなによい天気なのに、せいぜい最高気温が20度くらいでしょう。これが普通といえば普通なのですが、今までの残暑が残暑だっただけに、気候の変化に、体がなかなかついていけません。こういう時は、ちまたでは風邪がはやるものです。私のブログでも相変わらず「風邪 食事」の検索で入ってこられる方が、大変多いです。いかにこの時期、風邪をひいている方が多いかがわかります。

 話は変わりますが、最近インターネットで雑誌TARZANが「免疫力」を特集に組んでいることを発見しました。早速、近くの本屋さんで買ってきました。さすがは人気のある雑誌社は、目の付けどころが違いますね。これほど風邪がはやって、みなさんの免疫力が衰えている時に、ずばっと「免疫力」で特集をくむなんて本当にさすがです。で、その内容はといえば、とてもわかり易いのです。「特にざっくり解る免疫力メカニズム編」等は、私が専門学校時代に授業で教えてもらった通りです。むしろ、イラストの図解であったりしますから、学生時代にこんな雑誌があったら、もっと簡単に頭に整理して覚えられただろうなと思えたくらいです。多分、専門的な知識がなくても「免疫力」について一通りの理解が得られるのではないでしょうか。

 私は、こういう仕事をしていて感じることですが、若い頃は、自分の「体力」とか「筋力」や「持久力」をつけることにばかり目が向きがちでした。ところが、人間の長い一生を考えた時に、何が一番大切なのかを考えると、やっぱり「免疫力」かな、と考えるようになりました。私たちの周りにも「体力」があってすぐ病気になってしまう体の弱い人ってたくさんいます。そういう私もそうですが、若い時から「体力」はあって、スポーツもよくできた方ですが、見かけ倒して、すぐに風邪を引いたり、病気にかかってしまうタイプでした。それは、「免疫力」が弱かったからです。

 では免疫力を付けるためには、どんなことに注意すればいいのかといいますと、ただ鍛えるだけではダメなのです。「体力」「筋力」「持久力」等は、比較的に体を鍛えることで養うことができますが。この「免疫力」は、ただ鍛えるだけでは不十分です。鍛えるというイメージより、むしろ積極的に休養をとったりして、大切に養っていくものなのです。そして、バランス感覚がとても大切になるのもこの「免疫力」の特徴です、例えば、「自己免疫力」が強すぎても弱すぎてもダメとか。免疫力にとって大切な腸の中にも有益菌と有害菌がありますが、そのバランスが大切であったりとか言うように、すべてがバランスなのです。

 今の日本は高齢社会です。これから少しでも長生きして社会貢献していくためには、この「免疫力」が何よりも大切になっていきます。人の顔や体格が違うように「免疫力」も人様々です。でも間違いなく言えることは、人の一生を考えたとき「人生の質」「生活の質」。私達はこれをQOL(クオリティーオブライフ)と言っていますが、これからは、この「免疫力」が、その人の人生の質そのものを変えていくのです。誰にとっても大切なものなのです。


Tarzan (ターザン) 2010年 11/11号 [雑誌]

マガジンハウス


 
[PR]
by yakura89 | 2010-11-03 09:22 | 自然治癒力 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/13560165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。