「全科万能」といわれる鍼灸指圧治療を考えてみた

☆わたしたちが泊まった、バンクーバーのダウンタウン、「サンセットイン」というコンド。快適でした。
e0167411_15472433.jpg


029.gif「全科万能」といわれる鍼灸指圧治療を考えてみた

 ついこの間のことです。治療をやっている時に、ある患者さんが話しかけてきました。

 「この前ね。わたしは、血圧が高くて、市民病院の循環器科というところにいったんです。そして、お医者さんに、最近、腕が上がらなくなってしまったんですけどっていたら、『それは科が違いますから、整形外科に受診してください』っていわれましてね。お医者さんて都合がいいですよね。何か困ったことがあれば、『科が違いますから』っていえば、もうそれ以上、話す気がなくなってしまいますよ。そこえいくと先生はすごいね。病院のお医者さんだったら、自分の専門をやるので精一杯なのに、先生のやっていることは、椎間板ヘルニアや偏頭痛、うつ病の治療をやっているかと思えば、逆子や生理痛、更年期障害まで全部治しちゃうんだから。これってほとんど病院でいったら、『全科』ですよ」

 そういえば、鍼灸指圧治療というのは、治療の領域が広いことは確かだ。「整形外科」「神経内科」「産婦人科」「精神科」ともし病院だったら、ひとりで何科までこなすんだろうと、改めて考えてしまった。確かに「全科万能」というまではいかないにしても、ほとんど患者さんがいう症状を聞いて、なるべくその症状が軽くなるように、自分なりに、いろいろ頭の中で考えてみて、今日の治療を組み立て実行してみる。そういうことはいつも普通にやっている。

 いつも普通にやっていること、といってもはじめからそんなに簡単なことではなかった。「頚が回らない」といわれればどうしよう。「左手の小指がしびれている」っていわれればどうしよう。すべてがこんな感じで、はじめた頃は「どうしよう」が先にたち、新患さんの治療は楽しい反面、なにかドキドキしてしまい、普段以上に緊張してしまったものだ。でも、これってよく考えてみるとすごいことだなあ。患者さんにいわれてみて改めて「全科万能」を考えてみた。

 正直いって、こんなことを言うのは、6年間以上も医療を勉強してきたドクターに対して、本当に失礼なことだと思うが、どうして、お医者さんて「治療」ができないんだろうなって思ってしまう。確かに、高価な医療機器や医療器具を使い。とても正確な数値を出したり、「検査」ができるのに、治療という面では、何も問題が解決できない。確かに、「外科的手術」とか「応急処置」など、とてもお医者さんでなければできないこともあるけれど、「対処療法」といいながら薬の力を借りて「症状」を適当にごまかしてしまう。そういうことがよく見られる。患者さんの目から見ると、これでは本当によくなっているのか、悪くされたのかよくわからない場合が実に多い。

 そこに行くと、わたしたち鍼灸指圧師は、そんなに回数を費やさないで、いつの間にか患者さんが困っている症状を、ぴたっとまるで何もなかったように楽にさせるさせることができる。特にたらい回しのようにどこの病院にいってもダメだったという患者さんの喜びをまのあたりにする時、どうしてわたしたちのような鍼灸指圧マッサージ師の治療が、公的な医療の場に取り入れられないのかが、疑問に感じることが多い。というのが正直な気持ちである。

 わたしと患者さんの会話は続く。「そうですね。でもその『全科万能』を可能にしてくれるのもこの鍼があるからでしょうね。この手だけでもすごいのに、この小さな鍼を持つと、わたしたちの手は、一寸法師みたいに万能の力を持ち、鬼ならぬちょっとした病気まで退治することができるんですからね」そうですね。わたしも「鍼」って本当にすごいと思います。わたしもね、前々から、興味はあったんですけど、今度先生のところにお世話になり、あらためて鍼のすごさに驚きました。本当に鍼ってすごいですよ。いったい誰が考えたんでしょうね。この治療を」

 そこまで会話が進んだところで、改めてわたしは気づかされた。「そうですね。本当に鍼はすごいと思いますよ。いったい誰がこの仕組みを考えたんでしょう。でもねもうひとつ言えることがあるんですよ。鍼もすごいですけど、やはり、最終的に治しているのは、患者さん自身の身体なんですよね」「あ!はいはい。わかりましたよ。いつもいつも、先生がおっしゃっている『自然治癒力』『免疫力』っていうんでしょう」「そうです。いくらわたしが腕がよくったって(笑う)、鍼がどんなに効果があるっていっても、火のないところに煙は立ちません。やっぱり、自然治癒力がなければ、何も奇跡は起こらないんですよね。わたしたちは、ただ患者さんが本来持っている治す力=自然治癒力があるから、どんな症状や、どんな病気にも立ち向えるんです。だから、鍼がどんなに素晴らしい仕組みなのか。というより、もともと誰の身体にもあたえられている。身体の仕組みというかシステムにこそ『全科万能』の力があるといえるのです。わたしたちは、そこに導くお手伝いをさせてもらっているだけなんですよ」

 わたしは、この患者さんとの会話で、頭の中がすっかり整理されたようにすっきりしました。

 
[PR]
by yakura89 | 2012-04-20 18:17 | 鍼灸指圧マッサージ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/17818926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yakura89 at 2012-05-01 07:22
大変貴重なご意見をありがとうございます。「我々は物質から構成されているので、病気は物質の変化として考えることができる。すると、原因も症状も異なる多くの病気が、現代物質科学の基本法則である量子力学という理論に従っていることになる。だから、それを応用すれば1つの治療法で多くの病気を治癒させることが可能なのです」この意見て素晴らしいですね。確かに治療をしていると、人の体も物質と同じように、エネルギーに支配されていることがわかります。ですから、「科学の基本である量子力学という理論」に大変興味があります。また、よかったら、その辺のことを、いろいろ教えてください。
Commented by yakura89 at 2012-05-05 17:04
臨床をやっていくと、現代西洋医学や東洋医学など様々な引き出しが役立つことが多いものです。物理学は、とても苦手な分野ですが、確かにエネルギーについても量子力学の理論が、患者さんに説明する上でも必要になることも確かです。あなたも、もし「物理療法に現代医学をはるかに上回る有効性がある」ということを言う以上、ご自分の言葉で、誰にもわかる言葉で説明できるといいですね。「知識」は、知っているというだけでは何も役には立ちません。それをいかしてこそ、本当の「知恵」になるのだと思います。