寒くなってくると神経痛がでてきませんか?

029.gif 寒くなってくると神経痛がでてきませんか?
e0167411_10171660.jpg


寒くなりましたね。特に朝夕の気温の冷え込みが激しく、朝起きて布団をでるのがつらい季節になりました。みなさんはいかがお過ごしですか?最近、どうも関節が痛みだして、困っているという人はいませんか?若いころは、相当無理をして、身体のいろんなところを痛めてしまった、そのつけがまわってきて、どうも古傷が痛む。こんな方はいませんか?

実はその多くは、「神経痛」といわれるものです。特に、これからの季節、寒くなってくると、思い出したようにこれらの痛みが、あらわれてくるのではないでしょうか?神経痛は、特に、四肢の関節部分に痛みを生じます。肩関節・肘関節・手関節それから、股関節・膝関節・足関節などです。どうですかあなたの痛み、それらに該当していませんか?

「神経痛」の痛みは、「機能障害」に属しますから、安静状態では、痛まないのが普通です。朝起きたり、歩いたり、手や足を曲げ伸ばししたりした時に、痛みを生じます。時には、電気が走るような激痛を伴うことがありますから、こんな時には、どうしたらいいだろうと不安に感じるものです。確かに、神経痛は、もとは肩こり腰痛から生じますが、それらの痛みが、慢性化したり重症化したりすると、神経痛がはじまります。ですから、仮に肘や手首。膝や足首などの遠位なところが痛みだしたりしても、首や腰から治療してくることが大切です。

通常、肩こり腰痛くらいですと、初回の治療で緩解する可能性は充分ありますが、いってみれば神経痛は、オプションです。2・3回と複数の治療回数が必要になるかもしれません。もちろん、体質や原因などにより、個人差があることは、充分に考えられます。

では、神経痛にはどのような種類があるか、わたしの知る限り、治療を手がけた神経痛の種類を上げてみたいと思います。まず下からいきます。有名なところで、「座骨神経痛」「大腿神経痛」です。特に足首が痛む人は、座骨神経痛からです。また、膝が痛む人は、大腿神経痛が絡んでいます。ところが、そのように膝や足首が痛む人は、実は、肘や手首などにも、問題があります。あまり、一般的には、症状の名前にしても聞きませんが、「撓骨神経痛(とうこつしんけいつう)」「尺骨神経痛(しゃっこつしんけいつう)」があります。ですから、実際に神経の痛みですから、このような名称があってもいいのではないかと、わたしは思っています。

それから、よく顎の関節が痛がる人がいますが、この場合「三叉神経痛(さんさしんけいつう)」が考えられます。これは、脳神経のひとつですが、手技ではなかなか治療することは難しいいですが、鍼を使いますと、治療も可能になります。そして、最後に「肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)」です。名前はよく聞きますが、治療法については、いまいち難しい神経痛のひとつです。神経痛は鍼治療には効果的であることは、よくわかっていますが、肋間の下には、すぐ肺があります。誤って、「気胸(ききょう)」をおこしてしまうことがあるので、できたら、あまり鍼を使いたくないという気持ちが、治療者にはあります。じゃあどうするかといえば、指圧マッサージなどなど手技が、やはり主流になるのではないでしょうか?

いずれにせよ、神経の痛みだからといって、安易に薬で治そうと考えるのは、やめていただきたいと思います。「鎮痛剤」で確かに痛みは和らぎますが、それは治したことにはありません。そうした、安易な対処療法が、慢性化および重症化を招く原因になるのです。ですから、これを読んでくれた方の意志判断となりますが、「神経痛がでてきたな」って思ったら、ぜひ信頼のある治療院へお出かけください。
[PR]
by yakura89 | 2013-12-06 11:07 | 鍼灸指圧マッサージ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/21418121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。