鍼は、はじめは痛くても後からだんだん気持ちよくなる

029.gif 鍼は、はじめは痛くても後からだんだん気持ちよくなる
e0167411_1249401.jpg


「鍼って痛くないんですか?」ってよく聞かれるんですが、何とも答えようがないんですね。もちろん「痛いですよ」なんて答える鍼灸師は誰もいません。でも誰でも痛くないかと言えば、そういう訳でもありません。症状があって、その症状が重症な人。あるいは、病気がちな人。そういう人は、鍼がすごくひびくんです。それを痛みと捉えたら、簡単に、「痛くはないですよ」とは、答えられないのです。ただ、もう熟練した鍼灸師は、若葉マークの鍼灸師とは違って、めったに「切皮痛(せっぴつう)→よじれた皮膚に鍼を入れた瞬間の痛み」を起こさせることはありませんから、そういう意味では、「痛くないですよ」って答えられます。

では、「困っている症状が、ほとんどない人。健康な人は、痛くないんですか?」という質問もあるかと思いますが、それに対しては自信を持って、「痛くありません」と、お答えすることができると思います。ということは、「鍼の特有な『ひびき』というのは、症状を改善するための、ひとつの過程であるということがいえるのです。

そうですよね。治療を重ねていくと、「痛い」と思う箇所が、どんどん減って、最終的には、どこに鍼をうたれても、痛くなくなる。むしろ、脳から「ベーター・エンドルフィン」は、出ているわけですから、眠くなったり、気持ちよくなったりするわけです。不思議な感じですよ。はじめ重症だった患者さんが、「痛い。痛い」っていっていたのに、いつの間にか、回数を重ねていくうちに、「気持ちがいい」という前に、眠ってしまっているのですから。身体は正直です。

だから、これからは、「鍼って痛くないですか?」って聞かれたら、「鍼は、はじめは痛くても後からだんだん気持ちよくなりますよ」って答えるようにしようと思うんです。これなら、どういう患者さんにも、対応できる答えではないかと思うんですね。

と言うと、これもよく患者さんに聞かれることですが、「いつまで通ったらいいですか?」という質問ですが、それは、患者さんの症状にもよりますが、目安として、患者さん自身が、「鍼が痛くなくて気持ちよくなってきた」というところまででいいんじゃないでしょうか?そうすれば、患者さん自身にもわかるし、何よりも納得してもらえるのではないでしょうか?

この指圧鍼灸治療のいいところは、いろいろありますが、治療するほうの私たちにも、患者さんの状態がよくわかるし、治療を受ける患者さんにも、ご自分の体の状態が、よくわかってもらえるということです。ですから、初診のとき、ひびきがきつ過ぎて、「鍼は痛い」ものと決めつけて、やめてしまわれる患者さんが、まれに見られます。でも、そうではなくて「鍼は、はじめは痛くても、後からだんだん気持ちよくなる」ものなんだということを、しっかり認識していただきたいのです。治療者も、そういう説明を、患者さんに、しっかり説明させていただく必要があると思います。もし私の説明で納得いかない場合は、「論より証拠」といいますから、一度体験されたらいかがでしょうか?いつでも歓迎しますよ。

e0167411_13335710.jpg

これは昨年のクリスマスに飾られた八倉治療院のでスプレーです。この場を借りて、お見せしますね。
[PR]
by yakura89 | 2014-01-08 13:37 | 鍼灸指圧マッサージ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/21468659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。