「付き添いの方も、治療をご覧になっていきますか?」

e0167411_18535899.jpg

029.gif 「付き添いの方も、治療をご覧になっていきますか?」

今日の患者さんは、「ボーイフレンド」の症状が心配で、「ガールフレンド」が、ずっと治療室で、治療が終わるまで付き添われていました。こういうのっていいですよね。八倉治療院は、こういうのって大歓迎なんです。だって、大切な人が、腰痛や神経痛の症状で、苦しんでいる。そしたら、心配になるのは当然じゃないですか?「少しでも楽になってほしい。できたら、自分も付き添っていてあげたい」そういう気持ちって、すごくよく理解できます。だから、「心配ならどうぞ、見ていてあげて下さい」って、言ってしまうんです。

患者さんて、誰でもそうだと思うんですが、つらいから、こうして治療院へやってくるんですね。だから、誰もそうですが、辛くて、とても不安な気持ちで、やってくるんです。特に、患者さん以外の人が付き添われる場合は、症状も重いし、付き添われる方も、すごく心配なされている場合が多いんです。だから、「治療をご覧になっていきますか?」って、いってあげると、よろこんで、「いいですか?」っておっしゃる方が、意外と多いんですよ。そして、患者さん自身も安心されるようで、「ああ、よろこんでもらえてよかったなあ」っていつも思います。

いやあ、本当にそうなんですよ。これが病院では、「付き添いの方は、待ち合い室で、お待ちになって下さい」って、決まりきったようにいわれてしまいますよね。でもこれが、私たちのような治療院のいいところではないでしょうか?特に、鍼や灸で血を見るわけではないし、お断わりする理由がありません。でも実際、いろいろ、仲間内で話を聞いていますと、治療院だからといって、こうして、付き添われる方が、治療を付き添うケースは、本当に珍しいようなんですね。

ところが、八倉治療院は、そんなに珍しいことでもなんでもないんです。昨日見えた患者さんも、おばあちゃんの患者さんに、お孫さんが付き添われていました。それから、さかのぼってわたしが記憶しているところでは、奥さんの治療に旦那さんが。それから、成人された息子さんにご両親が。または、夫婦で見えられて、お互いの治療をご覧になられたという場合など。様々な関係の方が、治療に付き添うということをされていました。

でもこれって、わたしは「いいなあ」って思うんですよ。おおよそ人間の関係って、切っても切りはなせないものがあります。第一、付き添われてきたということは、介護や介助ということもありますが、やはり、患者さんを気遣い、心配されている気持ちであることは確かなのです。患者さんの苦しみは、もう患者さん個人の問題ではなくなっているんですね。

だから、付き添われて治療をすることで、いろんな症状のことを、患者さんにも付き添いの方にも、説明させてもらえたりして、安心させてあげられます。そして、治療を受けながら、段々よくなって元気になられていく様子を、見せてあげられます。そしたら、その方がいいに決まっていますから。だから、私たちのような治療院では、「こういうことがあってもいいなあ」って、わたしは考えています。

どうですか?もし患者さんの中で、治療がこわいとか、鍼がこわくて心配という方がいらっしゃれば、誰かに付き添ってもらっても、いっこうに構いませんよ。わたしは、いつも治療後、よろこんで帰られる患者さんのお顔を見るのが楽しみでやっています。ですから、付き添われる方のよろこんで、帰られる顔も見れるわけですから、それこそ、1回の治療で、わたしのよろこびも2倍3倍にもなるという勘定です。
[PR]
by yakura89 | 2014-06-22 19:50 | 八倉治療院ご案内 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/22134783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by wednesday18 at 2014-06-23 20:23
yakuraさん、素敵です。
もっと近くにあったらなぁ(笑)
私自身も診て頂きたいですが
連れて行きたい人も周りにたくさんいます。
最近腰の調子が悪い母はドラッグストアで買ってきた〇年灸で
お灸をしてますが、期待以上の効果があったようですよ。

Commented by yakura89 at 2014-06-24 06:06
水曜日さん、コメントありがとうございます。何か嬉しくなりますね。わたしもできたら、水曜日さんの身体も診させてもらいたいですね。こちらにはいい温泉がたくさんあります。「川根温泉ホテル」など新しく宿泊施設などもできたんですよ。温泉を楽しみながら治療なんていうのもいいでしょうね。

それからけっこう遠いところから、治療に通われている方もいらっしゃいますよ。東京からも、月に1回は必ず見える患者さんもいます。もう通われて1年半以上になりますかね。今ではもう、すっかり仲のいい友達になりました。

せんねん灸もいいですよね。ぼくも患者さんによっては、積極的にやり方やツボなども教えてあげていますよ。大変によろこばれています。