すべての病気は、はじめは首こり肩こり腰痛から始まる

e0167411_20112880.jpg

029.gif すべての病気は、はじめは首こり肩こり腰痛から始まる

みなさんはご存知でしたか?すべての病気は、はじめは首こり肩こり腰痛から始まります。だから、首こりや肩こりを、あんまり甘くみないでくださいね。これは、長く指圧鍼灸の治療をやっていると、段々人の身体というものがよくわかってきます。治療の予約で電話がかかって来た時に、診察は始まっています。わたしが、「具体的にどのようなことでお困りなんですか?」という質問をした時には、もう診察は始まっているのです。

1、「首が凝って仕方がないんですが」といわれた時には、この患者さんは、腰痛もあるなって思います。

2、「左の首や肩が凝って、仕方がないんですが」といわれた時には、この患者さんは、もう長く患い、重症化されています。座骨神経痛もきっとあるはずです。(ほとんどのみなさんが右首肩からコリが始まるのです)

3、もし「首も肩も腰も全部右側が痛くて困っています」という患者さんがいたら、かなり長く患ったことで、特に左下半身が慢性化してしまって痛みが麻痺してしまい、ご自身で自覚されていない状態のことも多いのです。


このように、ほんの些細な、会話からも、問診は始まるのです。それはさておき、病気は、ある日突然始まるということは、人間のカラダで起こりえないことなのです。それは、病気は、不幸なことですが、メッセージ性が、大変に強いのです。

でもいきなり、「極刑」を申し渡されることはありません。最初はやさしく、首こり肩こりくらいから始まっていくのです。以前「病気は気づきのためのメッセージ」という記事を書かせてもらいました。そこでも詳しく述べさせてもらっていますが、こんな感じで、病気へと発展していくみたいなのです。

1、首こり肩こり。
2、腰痛。
3、神経痛。(座骨神経痛、大腿神経痛、三叉神経痛)
4、自律神経系の症状
5、内臓疾患による様々な症状。


4、5は、かなり大雑把な表現ですが、よく話題になる、糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞やガンなどの疾患も含まれると思います。多分多くの患者さんは、様々な検診から、病気を発見されることが多いと思いますが、実は、もうすでに1、首こり肩こり腰痛くらいから、病気のメッセージは始まっているのです。

治療院をやっていますと、やっぱり、治療にみえる方は、やはり、女性の方が多いです。ですから1から3くらいまでの、まだ病気とはいえない。症状くらいのところで、女性は病気を食い止めています。

やっぱり、自覚症状はありながらも、仕事が忙しくて来れないと決めつけている方や、何かと理由を付けて、検診も怠りがちな男性の方に大病が多く。平均寿命も男女差が、非常に多いことも、何となく頷けるような気がします。

ですから、1から3までの「首こり肩こり腰痛および神経痛」をあまり甘く見ないでいただきたいのです。3までなら、きちんとした腕のある治療院に通ってもらえば、必ず治る病気の範疇だからです。

でも裏を返せば、それを怠っていたり、身体が発するメッセージに耳を背けていたりすると、とんでもないしっぺ返しを受けてしまうことになってしまうのです。実はこのテーマで記事を書こうとすると、わたしの文章はなかなか終わることができません。

ただ、ここではひとつだけ「すべての病気は、はじめは首こり肩こり腰痛から始まる」ということだけを、こころのどこかに記憶としてとどめておいていただきたいと思います。病気の治療は、早ければ早いほどいいのです。
[PR]
by yakura89 | 2015-10-16 20:30 | 病気は気づきのためのメッセージ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yakura89.exblog.jp/tb/23779291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。