カテゴリ:温泉( 1 )

029.gif 焼津グランドホテルに泊まってきました

 八倉治療院の定休日は、火・水曜日です。行こうと思えば、定休日を使って簡単に旅行が出来ます。ただ、あまり、遠くの旅行はダメです。若い時なら別ですが、中高年ともなると、遠出をすると、その分、疲れを残してしまいます。そこで最近は、「近くて手頃に行けて、疲れないで休めるところ」という、極めて現実的な条件が、わたしたちの中では、トレンディーとなりました。考えてみると、小旅行の大切な要素は、「食・住・寝」です。その3要素が条件として備わっていれば、満足の行く旅行が出来るはずです。

 そういう面では、この焼津グランドホテルは、バイパスを使うと家から来るまで30分以内。駿河湾に面したシービューの景色の素晴らしさ。食事も、おいしい料理で定評のある静岡の中島屋ホテルが経営しているということで、おいしい料理が食べられます。そして風呂は、去年リニュアルしたばかりでとてもきれいです。そして、わたしが大好きな「黒潮温泉」という天然温泉です。そして焼津市内から少し離れて、海に面した山の高台にあるので、ちょっと世俗を離れた別天地という感じがあります。夜、窓を開けて静かにしていると、波の音がとてもロマンチックで、遠い異国のリゾート地にいるような感じがしてきます。

 「こんなに近くに、いいホテルがあったのか?」これがわたしたちの焼津グランドホテルの感想です。ホテルの評価の3要素では「人・部屋・食事」というのがあります。簡単にいえば、人のやさしさ(ホスピタリティー)・部屋のきれいさ・食事のおいしさ。これらの3要素もホテルの評価の大切なものです。ホテルはフロントから笑顔で迎えてくれてとても親切な人ばかりでした。部屋は、シービューの洋室。広くてとても快適でした。特に冷蔵庫も持ち込み可能で、お客としては、堂々と、ビールやワインなどを持ち込めるのもありがたいことです。そして晩ご飯は、素晴らしい懐石料理、駿河湾で撮れた新鮮な魚介類が食べられるので大満足です。そんなわけで、これからは、近場で疲れない旅行が見直されてくるのではないでしょうか?

☆朝の海の露天風呂から見た駿河湾、遠くに伊豆半島の天城山系が見えていた。
e0167411_15281136.jpg


☆昨年リニュアルされた庭のお風呂、きれいでとても気持ちがよかった。
e0167411_15284165.jpg


☆シルクの泡風呂、その向こうの風呂は天然温泉。わたしの大好きな「黒潮温泉」。
e0167411_152922.jpg


☆これは、「中秋の名月」の次の日の月と海面に照らされた月の光。部屋からの撮影。
e0167411_15314290.jpg


焼津グランドホテル←興味を持たれた方は、クリックしてみてください。
[PR]