<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 島田市の伊太和里の湯で行われているトランポウオークの教室も早いものでもう3ヶ月も過ぎようとしている。教室が始まった4月当初は、生徒数も私たちを含めて6人だったのが、今ではもう20人の定員の枠も軽くいっぱいになってしまった。毎週火曜日になると、お年寄りから若い女性まで、伊太の緑に囲まれた素晴らしい自然環境の中で、元気にさわやかな汗をかいている。以前にもこの「トランポウオーク」について紹介させてもらったが、今回は、鍼灸マッサージ師としての視点から、この「トランポウオークの効果」についてレポートさせていただこうかと思っている。

 4月の教室が開講された時、導入として指導員の北川先生は、ご自分のひざの手術痕を見せてくれた。それは、私にとってとても強い印象的として記憶に残った。先生は、ひざを痛めて、内外側側副靭帯を手術されたようである。そして、それをかばうようにしていたら、今度は反対側の半月板を痛めてしまい結局両足を手術されることになってしまったらしい。その時出会ったのが、このトランポリンウオーク。リハビリのつもりでやっていたトランポウオークが、見事に先生の膝と身体を再生してくれた。そのトランポウオークの効果を、実体験された先生は、「これだ!」ということで、トランポウオークの指導者として島田市にトランポウオーク教室を始められる決意をされたらしい。

 それは、鍼灸マッサージ師として大変興味のあるお話であった。第一、スポーツをやっていた方が、膝を痛めるということは、致命的な打撃である。それを機会に、スポーツの世界から身を引いてしまうというのが、ほとんどおきまりのコース。それを、また、新たに出会ったスポーツで見事に再生し、カムバックするなんて、本当に素晴らしい話である。とにかく膝という場所は、人のカラダの体重のほとんどがかかる場所、それを支えるだけでもいっぱいいっぱいである。なのに、それをスポーツで再生できるということは、スポーツや医療の世界に携わる人間にとってまさに奇跡に近いことであるからだ。私は、指導者の北川先生とその「トランポウオーク」に、医療という少しマニアックな世界で興味を感じた。

 私たちと、このミニトランポリンとの出会いは、妻のヒラリーさんの直感によるものである。とにかく女性という生き物は、直感に優れている。「私このミニトランポリンが欲しい」のひとことで、この「トランポウオーク教室」が始まる前に、もうわが家には、ミニトランポリンが購入されていた。ヒラリーは、教室が始まる前から、もう既に「トランポウオーク教室」なるものを頭に描いていたらしい。ところが、私は実は、「トランポウオーク」を始めた当初は、すごい勘違いをしていた。トランポリンといえば、あの飛び跳ねてピョンピョンする。トランポリン体操を想像していた。だから、家でもピョンピョン飛び跳ねて遊んでいたのだ。ところが、この「トランポウオーク教室」が始まると、先生から「頭は、上下に揺れないイチニ、イチニ」なんて、かけ声が聞こえてくる。トランポリンといったらピョンピョン跳ねるものだとばかり、思っていた私はそこで大きな思い違いを知ることになる。

 そう「トラッポウオーク」というのは、ミニトランポリンの上を歩いているのだが、ほとんど上下移動をしない。だから先生達の言うように頭は、ほとんど上下の動きはない。指導される北川先生も寺田先生もトランポウオーク中は、まったく頭のラインは上下しないで何時も一定の高さにとどまっている。それは本当に見事である。ということは、ミニトランポリンの働きは、カラダを押し上げることではなくて、カラダの体重を吸収することに働いているらしい。だから、足の筋力は使っても、膝の半月板には、負担がかからない。カラダの体重を支えている半月板にとってこんなにやさしい運動はないわけである。だから、北川先生は、膝を痛めることなく、リハビリのために膝の筋力を鍛え、膝を痛めることなく再生できたわけである。

 これは、スポーツの世界では、とてもまれなケースといっていい。私は、更年期を過ぎたお年の高齢者の方には、たとえジョギング程度でも「走る」ことを勧めない。スポーツは、カラダの機能を向上させるが、一方では、カラダの故障やケガを生み出す原因にもなる。いわば「諸刃の嶮」である。ましてや、陸上競技の経験がない人が、高齢になって走った場合は、100%間違いなく足、腰、膝のいずれかに故障を生じる。だから、「歩く」のはいいが、「走る」ことは、絶対にやめて欲しい。ところが、安全であると思われている「ウオーキング」も実は、多くのカラダの故障につながっていることが多い。「歩き方」というのも「走り方」と同様に難しい。健康のために「ウオーキング」を始められた方でも「歩き方」が悪かったり、シューズ選びが悪いためにいろんな故障が起きているのが実情である。

 ところが、この「トランポウオーク」には、マイナスの要素が見当たらない。体重の衝撃の70〜80%の衝撃をミニトランポリンが吸収してくれるから、半月板の故障はない。それに、「トランポウオーク」の基本は、あくまでも姿勢を正しく。まっすぐに、体重移動も上下に「イチニ、イチニ」とやっていくわけだから、ひねったりして靭帯を痛めることがない。もしこの「トランポウオーク」で姿勢が、悪かったり、正しく重心の上下運動が行われていない場合は、前か後ろ、右か左につんのめってミニトランポリンから、はじき出されてしまうことになる。だから、姿勢もよくなるし、カラダが、自然に正しい重心移動を覚えさせてくれることになる。

 私は、「トランポリン教室」が始まって2回目、ピョンピョン跳ねながら歩いているのを見つかって、指導員の寺田先生から、「かかと、かかと」と体重が、足のそこに均等にかかるように注意してもらい、初めて頭が上下に動かない「トランポウオーク」を身に付けることができた。それ以来、20分の「ウオーキング」は、筋力をしっかり使う有酸素運動となり、汗をびっしょりかく。とてもいい運動になった。安全で、心肺機能や筋力を高めてくれる運動、それがこの「トランポウオーク」である。本当に、この「トランポウオーク」は、底が深い。「トランポウオークの効果」は、とても簡単に言い表せるものではない。また機会があれば、次回は、「トランポウオークの効果」の第2弾として「姿勢の矯正」についいて述べてみたい。


人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。
[PR]
 今回は、「八倉治療院日記」の記念すべき第100回目の記事ということで、ある患者さんから頂いた施術後の感想をご紹介させて頂くことにしました。その感想は、最近頂いたものですが、私にとって、思いがけないものでしたし、初めての患者さんなのに以心伝心というか、とても心が通い合うものでした。その患者さんは、治療にくる前に私のブログをよく読んできてくれました。それに答える意味でも今回は、じっくりAさんの感想にお答えしたくなりました。今までは、「八倉治療院日記」は、私からの一方的な、発信でしたが、これからは、このように双方からの交信ができればいいなあ。という希望を込めて、ご紹介させて頂きます。

☆患者さんからの施術後の感想

「先日マッサージしていただいたAです。ありがとうございました。施術の感想です。
治療後とても喉が渇きました。いつも鍼治療や足ツボなどの施術後は喉が渇くのですが特に喉が渇きました。身体が老廃物を排出するための水分を必要とするからでしょうか?マッサージ当日よりも二日後くらいにとても楽になりました。大抵は当日か翌日に楽になりまた徐々に元に戻ってしまう感じですが徐々に症状が軽くなるところが他所とは違うというのが感想です。また凝ってきたらお願いします。それから。。。なぜか当日車で向かっている最中にお饅頭を買いたい衝動にかられました。(食べたいわけではなくお土産に)初めて行く家にしかも治療院にそれは変だろうと左脳で考えて購入しませんでしたが奥さんが美味しい日本茶を入れてくださったのでお饅頭を買いたいという衝動にかられた理由がわかりました。
紹介されている本ですが何冊か私も読みました。次は本の話を聞きながらマッサージを受けてみたいです」

☆Aさんへのお礼とご返事

 Aさん、施術の感想ありがとうございました。
 私は、いつも治療させて頂いた患者さんの様子が気になります。Aさんは、治療にみえて明日でちょうど1週間が経ちますね。何時もAさんのことを考えていましたので、こうして感想をもらえて本当に嬉しかったです。重ねてお礼申し上げます。

「治療後とても喉が渇きました。いつも鍼治療や足ツボなどの施術後は喉が渇くのですが特に喉が渇きました。身体が老廃物を排出するための水分を必要とするからでしょうか?」ということですが、お水でも差し上げればよかったですね。気がつきませんで申訳ありませんでした。こんど喉が渇いたら遠慮なく、おっしゃって下さい。
 さすがにAさん、「身体が老廃物を排出するための水分を必要としているから」というのは、正しい見解だと思います。マッサージは、身体の中の臓器や消化器官などに働きかけ活動を促進させます。身体の代謝をよくするので、マッサージを受けた患者さんは、治療中から様々な生理現象を起こされます。特に、Aさんのように若い方は、喉が渇いたり、何度もトイレに行きたくなる方など、ようすは様々です。もう少し前になりますが、長い間、便秘でお困りの方が、施術中にトイレに行きたくなり、楽になったということで、大変喜ばれた方もいるくらいなのです。また、リンパの流れがよくなることで、身体中の水分の代謝がよくなったことものどの渇きにつながっていると思います。本当に、マッサージ効果ってこちらが考える以上に大きく、身体に即刻作用することがあり、治療している私の方でも驚くほどです。
 
 また、「マッサージ当日よりも二日後くらいにとても楽になりました。大抵は当日か翌日に楽になりまた徐々に元に戻ってしまう感じですが、徐々に症状が軽くなるところが他所とは違うというのが感想です。また凝ってきたらお願いします」ということですが、「ありがとうございます」Aさんはマッサージやリフレクスノロジーなどによく行かれるそうです。そこで受けた施術の様子を聞いてみたのですが、「当日と次の日くらいは楽になるけど、またすぐにもとに戻ってしまう」とおっしゃっていました。そこで私は、治療の後「私のマッサージは、2日目以降にスッキリしてそれからどんどんよくなっていきます」ということをお伝えしました。でも本当だったでしょう。これも老廃物の仲間に入れていいと思いますが、筋肉は疲れてくると疲労物質として「乳酸」が生じてきます。この乳酸が、筋肉繊維にべったりとくっついて凝りを形成したわけです。その乳酸が、しっかり代謝されてしまうまで、2日間くらいの時間が必要なんですね。その間、患者さんによっては、身体がだるくなったり、筋肉痛のような痛みを感じたりする方がいます。それは、身体が改善される前のひとつの過程だと考えられます。人間の身体は不思議なものです。悪くなる時にはどんどん悪くなっていきますが、反対によくなっていく時には、右上がりにどんどんよくなっていくものなんです。人の身体は、エネルギーの集合体です。多分、2日という期間は、エネルギーの波動が変わるための期間とも言えます。たぶん、Aさんは、これから、どんどん身体がよくなり、もしかしたら、当分の間、治療が必要なくなっていくかもしれません。というのも患者さんの年齢や症状の程度にもよりますが、これまでの治療の様子から、よほど症状が重い方ではない限り、ほとんど初回の治療でよくなられる方が、多かったからです。もちろん、また具合が悪くなったら、いつでもおいで下さい。喜んで治療させて頂きます。

 最後にAさんから面白いコメントを頂きました。「それから。。。なぜか当日車で向かっている最中にお饅頭を買いたい衝動にかられました。(食べたいわけではなくお土産に)初めて行く家にしかも治療院にそれは変だろうと左脳で考えて購入しませんでしたが奥さんが美味しい日本茶を入れてくださったのでお饅頭を買いたいという衝動にかられた理由がわかりました」これは不思議ですが、八倉治療院を始めてから気がついたのですが、本当に不思議なくらい、患者さんからお土産を頂きます。そういう私も、患者さんで、よその治療院に行った時に、おみやげを持っていったという記憶はありません。だから、Aさんの戸惑いがよくわかります。多分、ヒラリーさんにしても何時もではなくて、たまたま気分で、お茶を出したりしていると思うのですが、次の患者さんの予約が入っていなかったりした時には、もしかしたら、Aさんとお饅頭を食べながら、いっしょに世間話でもしていたかもしれませんね。そういう偶然の一致を、共時性=シンクロニシティと言うんだそうです。私も師匠から、「何時も直観を大切にしなさい」と言われています。ところが私もAさんと同じように、「やっぱりおかしいか?」なんて左脳で判断してしまっている。そういうところがあるみたいです。また、そういうことも含めて、いろいろお話ができるといいですね。八倉治療院は、私もヒラリーさんも少しおかしい人ですから、そういう変わったお話が大好きです。それに、誰でも歓迎しますが、とくに頭の働きが柔らかい若い人は大歓迎です。特に患者さんでなくてもかまいませんから、「八倉治療院」をコミュ二ティーだと思って気楽に遊びにきて下さい。いつでも歓迎いたします。特にお饅頭は必要ありませんから、気を使わないで遊びにきて下さい。


人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。

      
[PR]
100万人のキャンドルナイト☆☆☆☆☆☆☆
〜電気を決してスローな夜を〜  6月20日夏至前夜から7月7日、夜8時から10時まで

☆わが家のキャンドルナイト・昨日からわが家もキャンドルナイトです。
e0167411_2318242.jpg

《よびかけ文》
私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2009年の夏至、6月21日、夜8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2009年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

辻 信一
藤田和芳
マエキタミヤコ
竹村真一
枝廣淳子

明治学院大学教授 / ナマケモノ倶楽部世話人
大地を守る会会長
NPOサステナ代表
京都造形芸術大学教授 / EarthLiteracyProgram代表
ジャパン・フォー・サステナビリティ共同代表 / イーズ代表 /
チェンジエージェント会長
立松和平
面出薫
米谷啓和 作家
照明デザイナー / 照明探偵団団長
日本青年会議所元会頭


 私のブログのGREMZ(グリムス)も昨日からキャンドルナイトを呼びかけている。このブログを始めるようになって、友達のブログから、この「キャンドルナイト」を知った。この運動が広がることで少しでも環境問題にむけての対策に参加できたらどんなに素敵なことだろう。

 私たちを取り巻く環境問題は、大変に深刻なものがある。つい最近では、ハワイに滞在中、ワイキキの浜辺を歩いていて考えたことだが。こうして素肌をさらして、太陽の紫外線を浴びることは、はたして身体に良いことなのか?疑問を感じた。というのも観光客の水着姿を見ていると、ほとんどの女性は、ビキニがスタンダードなのだが、極まれに、極端に素肌の露出度の少ない水着を着た女性や子供を見かけた。ヒラリーは、「ああ、あの人たちは多分、オーストラリアから来ているのね」といった。そうなのである。何千年と地球の誕生からずっと生物を守り続けて来たオゾン層が、だいぶ破壊されてしまって、人体に有害な紫外線Bが、私たちの免疫力を極端に低下させてしまっているのだ。しかもそれは、北と南の地軸に近いところほど顕著である。もう既に南極では、今まで覆っていたオゾン層が破壊され、すっぽりと大きなホールができてしまっている。だから、南極に近いオーストラリアでは、皮膚ガンの発症率が高い。これもみんな、オゾン層の破壊により、有害な紫外線Bが、人体の免疫力を低下させていることが原因なのである。だから、オーストラリアでは、なるべく日中の紫外線を避け、サングラスを使用したり、海水浴を楽しむ場合は、あえて素肌をさらす露出度の少ない水着を着用するなどして、人々は自分たちの身体を守っているのである。そのような現実が、瞬く間に脳裏に浮かんだ。場所は、南国の楽園ハワイ、そこにも、厳しい現実は、実在していた。
 
 時と場所を隔てて、ここは日本。6月20日。夏至前夜。8時から10時までのたったの2時間。部屋の電気を消して、キャンドルをともす「キャンドルナイト」。しかし、このたったの2時間だが、市民運動から100万人の人が参加したとする。それは、莫大な資源の節約。しいては、CO2の削減につながることは確かである。環境問題は、もはや人ごとではない。私たちや、その子供や孫たちの存続に関わる身近かな問題でもある。よくテレビのCMでも「間に合うか?間に合わないか?」なんて悠長なことを言っているが 、そんな悠長なことを言っている場合ではない。「どこかの国の対策を見て我が国の方針を考えたい。CO2を何パーセント削減するかきめる」。なんて、どこかの国の首相の発言を聴いているようでは、もう既に終わっている。今このままで、人類が存続できるのか。残された可能性は、非常に少ない。市民レベルで「やるか、やらないか?」その決断に関わっているからだ。だから、このような「100万人のキャンドルナイト」キャンペインがいかに大切かは、良識のある大人ならわかるはず。いや現実は、そんな良識のある大人など世界中どこをみわたしてほとんど見当たらないかもしれない。むしろ、その大切さは、次世代をになう子供達の方がよくわかっているかもしれない。

 でも私が、この「キャンドルナイト」素敵だなと思ったのは、「環境問題」を前向きにとらえ楽しむゆとりがあるからだ。人は理屈では動かない。これまでもこの環境問題は、様々な立場のエコロジストによって推進されてきたことは確かである。しかし、頭では人は理解できたとしても、なかなか実行ができなかった。それは、あまりにもつらい現実が先に立ち「希望」がないからだ。しかし、それでは、市民の心は動かせはしない。だが、「キャンドルの灯火」は、人々に希望を与えてくれるような気がするからだ。「キャンドルの灯火」を囲んで一家だんらんで食事を楽しめたらどんなに素敵なことだろうか。このキャンペーンにはその可能性が秘められている。しかも、「電気を消してスローな夜を」この「キャンドルナイト」と同じくらい魅力のある言葉である。「キャンドルの灯火」は暖かく人のこころを落ち着かせてくれる。普段、時の流れに流され、バラバラになってしまった家族のこころを修復するのに力を貸してくれそうな気がするのである。そうそう、上のスナップ、わが家の「キャンドルナイト」を見て欲しい。これは食事前にとったもの。これからとても素敵なディーナーが始まろうとしている様子が感じ取れるだろうか。キャンドルの灯火に包まれて、これから、私とヒラリーさんの楽しい食事が始まる。きっと明るく楽しい会話が今日もこれから始まることだろう。私たちはとても幸せだ。こうして楽しいひとときを過ごすことで、世界の100万人の仲間とともに、地球を救う環境問題に、積極的に参加できるのだから。「とてもよい企画をありがとう」と、感謝したい。


人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。
 
[PR]
☆ジャケットからCDを取り出したところ
e0167411_13324470.jpg

☆「アイムユアーズ」てどんな曲だろう。素朴な疑問にお答えしたいと思います。ところが、歌詞カードもアルバムの中には入っていませんでした。そのくらいですから、インターネットで歌詞を調べて、ヒデ&ヒラが、日本語翻訳に挑戦してみました。多分日本で初めての翻訳です。上手く訳せているかはわかりませんが、歌詞の感じはつかめたと思います。

Well you done done me in, you bet I felt it
I tried to be chill but you're so hot that I melted
I fell right through the cracks
Now I'm trying to get back
Before the cool done run out I'll be giving it my bestest
And nothing's gonna stop me but divine intervention
I reckon it's again my turn to win some or learn some

But I won't hesitate no more, no more
It cannot wait, I'm yours

Well open up your mind and see like me
Open up your plans and damn you're free
Look into your heart and you'll find love love love love
Listen to the music of the moment, people dance and sing
We're just one big family
And it's our God-forsaken right to be loved love love loved loved

So I won't hesitate no more, no more
It cannot wait I'm sure
There's no need to complicate
Our time is short
This is our fate, I'm yours

Do you want to, come on
Scootch over closer dear
And I will nibble your ear

I've been spending way too long checking my tongue in the mirror
And bending over backwards just to try to see it clearer
But my breath fogged up the glass
And so I drew a new face and I laughed
I guess what I'll be saying is there ain't no better reason
To rid yourself of vanities and just go with the seasons
It's what we aim to do
Our name is our virtue

But I won't hesitate no more, no more
It cannot wait, I'm yours

Well open up your mind and see like me
Open up your plans and damn you're free
Look into your heart and you'll find that the sky is yours
So please don't please don't please don't
There's no need to complicate
'Cause our time is short
This oh this oh this is our fate I'm yours

Oh I'm yours, oh I'm yours, oh
Baby, do believe I'm yours
You best believe, you best believe I'm yours


あなたは、上手く私を恋に落としました。私は間違いなく感じました
冷静になろうとしたけど、あなたは超ホットだから私はとけてしまいました
そして、私は床の隙間に落ちてしまいました
今私は、必死で戻ろうとしています
冷静でいられる前に
今私は、この恋に夢中です
そして、神様以外に誰も私を止めることができません
もう一度、勝つか、習うか、わたしが試されるときが来たと思います

だけど、私はもう決して迷いません。決まりです、決まりです、決まりです
それは、あなたの気持が傾くまで待てられません、私はあなたのものです

あなたは頭をひらくと、私のようにみえます
あなたの契約をひらくと、あなたは自由になります
心の中を見ますと、ラブ、ラブ、ラブを見つけます
今流行の音楽を聴いて、人々は踊り歌います
私たちはひとつの大きな家族だけ
そして、愛される、愛されるは、神様からいただいた権利

そして、私はもう決して迷いません。決まり、決まり、決まり
それは、もう待てられません。私は間違いない
複雑にする必要はまったくありません
私たちに残された時間は短いですから
これは私たちの運命、私はあなたのものです

あなたは私の近くに寄りたいでしょう。愛しいあなた
そして、私はあなたの耳たぶをそっと噛んでしまおう

私はもう、鏡に映る舌ベラが長過ぎて確認しています
一生懸命見ていたら、鏡はくもり
くもった鏡に新しい顔を描いては、思わず噴き出してしまった
だから、私が言いたいことは、これ以上いい理由はありません
あなたは虚栄を捨てて季節とともに流されるだけ
これが私たちの目的です
私たちの名前は、私たちの美徳

だから、私はもう決して迷いません。決まり、決まり、決まり
もうそれは、待てられません。私はあなたのもの

そして、あなたは頭をひらくと、私のようにみえます
あなたの契約を解放すると、そして、あなたは自由になります
あなたは心の中を見て、そして、空はあなたのものになることがわかります
やめて、やめて、やめて、やめて
複雑にする必要はありません
私たちの残された時間は短いですから
これは、これは、これは、私たちの運命です
私はあなたのものです

オー 私はあなたのもの
ベイビー 私はあなたのものであることを信じてくれ
本当に信じてくれたら、私はあなたのものです



☆特に私のお気に入りのところは「私たちの残された時間は短いですから、これが私たちの運命です。私はあなたのものです」こんなことを、一度は、好きな彼女の前で言ってみたいですね。

人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。
[PR]

We Sing, We Dance, We Steal Things

Jason Mraz / Warner Bros.

「恋するすべて人に贈る」アルバムである。特にこの中の「アイムユアーズ」が大好き、これを聴いてると心が浮き浮きして、とてもハッピーな気分になる。更に好きになると、ここ歌が頭から離れなくなる。

スコア:


☆JASON MRAZのCDアルバム
e0167411_16423822.jpg

☆CDアルバムの内側、イラストがとても可愛い
e0167411_16414352.jpg

 音楽との出会いは、実に楽しい。2ヶ月ほど前にドライブ中、ラジオのK-MIXから流れていたのがこの曲、「アイムユアーズ」。「私この曲大好き」といってヒラリーさんに教えられた。その時は、そんなに特別だとは思わなかった。しかし、今回のハワイの旅行で「ダイヤモンドヘッド・ヘルスバー」でこの曲を夜、ライブで聴いた時には、さすがにシビレタ。もちろん歌っているのはジェイソン・ムラーズではないけれど、ジェイソンのようなテイストを持ったかなり上手な若者のサウンドがこの曲との距離を一気に近づけてくれた。軽快な実にテンポのいい曲である。「アイムユアーズ」という題名からも恋の歌であることはわかる。私もこの年齢を考えると、もう恋なんていえる年齢ではないことくらいわかっているが、そんな「オジサン」の私でも、あの浮き浮きする気持は、まだこころのどこかに生き続けている。「自由に生きる若者の恋の歌」それが、この「アイムユアーズ」。年齢を超えてすべての恋する人々に贈りたい。大変ハッピーな曲である。

 恋愛なんてと、ある程度お年を召した大人は、言うかもしれない。しかし、私は、そうは思わない。この世に大切なものはいくつかあるが、その中でも恋は、大切な人生の一大事。もし恋する心を失ってしまた人がいたならなんて人生は味気ないことか。そのくらい人生に置いてかけがいのないものでる。特にこの「アイムユアーズ」一度は聴いて欲しい曲である。この歌を聴いていると「人生はなんて素晴らしい」という感情がこみ上げてくる。私たちは、ともすると現実の生活に追われ、恋をする心を失いかけている。しかし、恋をしてこそ人生に喜びが生まれてくることは、誰も否定することはできない。もし、人は健康で長生きしたいと思うなら、一生恋をすればいい。恋することで生きる喜びが得られ、身体はそれに答えてくれるはずである。人は恋をしたら何もいらない。お金も、地位も名誉も、恋する喜びに比べたら、それらは、なんと空しいものであることか、そんな気分にさせてくれるのが「アイムユアーズ」である。

 私は、遠い異国の地で、旅という非現実世界でこの歌を味わった。非現実だからこの歌を心底味わうことができたのかもしれない。しかし、この歌を聴いた翌日から、頭の中で何度も何度もリズムとサウンドがくり返し離れなくなってしまった。ワイキキの浜辺を裸足で歩きながら、何度このリズムを口ずさんだことだろう。そして、こうして帰国した今もこの曲が頭から離れなくなってしまった。でもそれは決して苦痛なことでもなく不快なことではない。むしろそのことでとてもハッピーな感情が毎日毎日持続している。だからこそ、嘘だと思うかもしれないが、一度はだまされたと思ってこの曲を聴いて欲しい。もしかしたら、あなたも私とヒラリーさんのように、部屋中を躍りながら、口ずさむようになってしまうことになるかもしれない。

人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。
[PR]
 「世界でいま最も注目されている人といえば誰でしょう?」何時も聞いているFM島田から突然そういう問いかけが耳に入った。もちろん私なら「オバマ大統領でしょう」って答える。多分、私でなくても8割近い人が同じように連想したのではないだろうか。この世界同時の金融危機による不景気、世界平和の問題、地球の環境問題。すべてがこの人の手腕に託されているといっても過言ではない。それほど「バラク・オバマ」は、本人が望むと望まないに関わらず、今世界で最も注目をされているキーパーソンであることは間違いない。FM島田は、ローカルなラジオ番組ではあるが、時々このような面白いニュースやトピックを流してくれる。朝ご飯を食べながら、こんな以下のような話題が耳に入ってきた。おもしろいので忘れないうちにブログに書き留めることにする。
 
 オバマ大統領のところには毎日たくさんのメールが送られてくる。オバマさんは、これに対して毎日10通だけ選んで、コメントを書いているということだ。ところが、メールを送ったわけではないのに、ある日、ある学校の教師のところに、オバマ大統領から直筆の手紙が送られてきた。というわけだ。「え〜どうして?」オバマ大統領からメールのコメントをもらえるだけでも、天地がひっくり返るくらいの驚きと喜びがある。それが、大統領からの直筆の手紙。それもある日突然。世間では、ある学校の教師が、大統領にあてて手紙を書くことはよくあっても、その逆は、「ない」。あり得ないことだから、これが、話題になるというものだろう。しかも、相手は今では時の人。世界中から注目を集める「オバマ大統領」である。その手紙を届けたのは、小学生のある少女であった。

 この少女は、以前からオバマ大統領の大ファン。いつか、ホワイトハウスに行ってオバマ大統領にあうことが夢だった。しかし、その願いは、意外にも早く実現することとなった。オバマ大統領は、教育を大切に考えていることは誰もがよく知っていること。時には、学校に訪れることもあるらしい。それだけではなく、逆に学生達や生徒達を招いて、ホワイトハウスの会見室で会うこともあるらしい。そして、運良くこの少女は、自分の夢を実現することになったのである。ところが、ひとつだけ問題があった。それは、ホワイトハウスでの大統領との会える日は、平日で学校があるため、学校を休まなければならなかった。しかし、会えるといってもお話ができるとかそういうことではない。たくさん集まった学生や生徒達が、テレビで見るより小さいくらいの遠巻きに大統領の姿をみれるだけのこと。もちろん、少女は小学生、一人で会いに行けるわけがない。そこで、娘は、お父さんに連れて行って欲しいと頼んだ。娘に頼まれた父親は、困ってしまった。まじめな父親なのだろう。このお父さんは、こう思ったらしい。「いくら娘の願いとはいえ、そういう理由でむすめに学校を休ませてしまっていいものだろうか?」迷いながらも学校を休ませて、出掛けるわけである。予想通り、ホワイトハウスには、何千人というたくさんの生徒や学生が集まっていた。しかし、よりにもよって、その中から、抽選で、同行した父母の中から代表で、オバマ大統領に質問することができる機会に、その少女の父親は当たってしまったのだ。

 突然のことなので、父親は何を質問していいのかわからず。正直に今日娘をここに連れて来るにあたり、学校を休ませたことに迷いを感じたということをオバマ大統領に話してしまった。大統領は、娘を呼んで自分のところに来させた。「あなたのお名前は?」という大統領の質問に、少女は、「ケネディーです」と答えた。驚いた大統領は、「それはいい名前だ」と喜んだ。そして、側近にペンと手紙を用意させると、少女の目の前で学校の先生宛に手紙を書いた。そして、「これを明日必ずあなたの学校の先生に渡して下さいね」といって少女に手渡したのである。

 もちろん手紙の内容については、わかる由もないが、間違いなく娘を心配して大統領に話した父親に対して、その心配がいらないように学校の先生に託して書いたものだった。この細やかな配慮、思いやりは、本当にオバマ大統領ならではのやさしさである。確かに、この少女が、オバマ大統領に会いにホワイトハウスに行ったなどということは、後日学校に戻った時、先生に話しても誰も信用してくれないかもしれない。ところが、それを証明する大統領の直筆、そして、プレジデント・バラク・オバマのサインがあったら、これはもう鬼に金棒だろう。それどころか、これは、学校中の話題となり、その学校の教師の一生の宝物になるかもしれない。それは、置いておくとしても、学校を欠席したこの少女と父親の心配な問題は見事に解消されたのである。このような些細なことにもオバマ大統領の人間としての暖かさ優しさを感じるのである。そして、ラジオの解説者も言っていたが、このような些細なことだが、そういうことが人のこころを打ち、人を動かすのである。私もまったく同感であった。

人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました
[PR]
☆ハワイで買ったオバマ・サーフTシャツ
e0167411_8542747.jpg

e0167411_855559.jpg

「話題作りに1枚欲しい
クレージーシャツのオバマTシャツ
オバマ・サーフTシャツ。
今、ハワイで一番の話題といえば、ハワイ出身のオバマ新大統領のことでしょう。

夏期休暇やクリスマス休暇でハワイを訪れた際には、彼が行った場所、食べたものをテレビや新聞が報道。サンディビーチでボディサーフィンを楽しんだり、ビーチサンダル姿でシェイブアイスをほおばる姿に、「ロコボーイ大統領だ」とオバマ熱もヒートアップしているよう。

そんなオバマ新大統領への親愛をこめて、老舗Tシャツブランド「クレージーシャツ」がオバマTシャツを発売しました。これがツーリストにも大好評。話題作りのお土産としていかがですか?
デザインは、2パターン。「オバマ・サーフTシャツ」は、フロントに波に乗るボディサーファーとハワイ諸島のイラストとともに「Life, Liberty and the Pursuit of Happiness (人生、自由、そして幸福の追求)President Obama 2009」のメッセージが。バックには大きくブレイクするハワイの波の上に「Obama Surfs (オバマは波に乗る)」とプリント……」


 こんなヤフーショップの記事に魅せられて、ハワイに行く前から狙っていたのが、このオバマTシャツ。ところが、ハワイ旅行中どこのクレージーシャツショップを探しても見つからなかった。少しがっかりして、帰国の途についた。しかし、それが、ななんと帰りのハワイ空港にあったのだ。嬉しくなってすぐに買ってしまった。それがこのTシャツ。どうですか、なかなかいいでしょう。
 ただ、ひとつ注がある 。ヤフーショップは、この「OBAMA SURFS 」を(オバマは波に乗る)と訳しているが、それは、日本人の訳。どうもハワイ現地の英語がとりきれていないようだ。「彼はカッコいい」というのを英語では、「HE ROCKS」という。ということで「OBAMA ROCKS」は、(オバマは、かっこいい)。それが、ハワイバージョンとなると「OBAMA SURFS」となるのである。この辺は日本人では、ちょっと理解できないところ。そういう私も、ヒラリーさんから教えてもらっただけのことなので、あまり偉そうに言えないが……。私は、今年の夏、このオバマTシャツを着て「HIDEO SURFS」をしてみようかなと思っている。

人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました
[PR]
e0167411_15261142.jpg

☆ハワイ、ワイキキビーチ

ハワイといったらこの景色を連想する方が多いのではないでしょうか。ところがよく見て下さい。ワイキキビーチに人があまりいない。ちょっと寂しいワイキキです。
e0167411_15271257.jpg

☆ハワイワイキキサンセットの32階から見たマウンテンビュー

ハワイにくるとよくと泊まるのが、ワイキキサンセット。以前はオーシャンビューが、好きでしたが、今はもっぱらマウンテンビューを好んでリクエストします。特に25階以上になると景色が最高で、この景色を見ながら今回も瞑想してきました。

 いきなりですが、「コンニチハ」大変ご無沙汰でした。本当に久しぶりです。今までいつ見てもブログが同じ、「漢字は気づきのためのメッセージ」から一歩も進んでいないので心配された方もいたのではないだろうか?今回は、ほとんど誰にも言わずに、いきなりの旅立ちでした。本当に突然、松尾芭蕉ではないですが、「月日は百代の過客にして、 行きかふ年もまた旅人なり」このフレーズが頭の中に浮かんでくるともうダメ。私も「そぞろ神」に取り付かれたように旅にでてしまうのである。

 いろいろ理由をつけなくては行けないのでしょうが、私たちの場合は、完全「病気」です。私の場合は、旅行が大好きなので「教師」になったくらいですが、ところが現実は、教師とはいえどもなかなか旅行ができず、「教師」をやめたくらいの旅行好きです。そして、私の奥さんは、そういう私以上に旅行大好き人間でして、旅行の行き先を間違えて日本に来てしまい。こともあろうに旅行好きの私と結婚してしまったというわけです。ですから、こんな私たちですから、今の「不景気」の時代は、まったく素晴らしい。最高にいいチャンスなのでる。

 本当に世の中不景気です。アメリカのサブプライムローンから始まり、リーマンブラザーズの倒産で世界経済は滅茶苦茶になってしまた。八倉治療院も去年から比べると患者さんが四分の一に減ってしまった。普通ならガックリきてしまうところですが、ところがそこは根っからの「旅行好き人間」の私たちですから、切り替えが早いのである。こんなに世の中が不景気なときは、患者さんは、なかなか来てくれない。来てくれないということは、症状は我慢できるのだからあまりたいしたことはない。あまりたいしたことはないということは、私が少しくらいいなくても大丈夫ということだ。では、「旅行に行ってもいいよ」ってことだろうと、こう考えてしまうのが、「旅行大好き病」なのである。ですから、「このブログを見た私の患者さん、気をつけた方がいいですよ」私たちは、こういうように考える人ですから、完全に病気の人間ですから、本当に、一週間や二週間くらい簡単に留守をあけてしまいますからね。

 ああ、世の中不景気。八倉治療院も不景気。本当にいい時代になったもんだ。「人生はなんて素晴らしいんだろう………。」

人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました
[PR]