<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0167411_9284794.jpg

emoticon-0128-hi.gif 今日、渡り鳥が帰ってきます

 今月13日にカナダのトロントにあるハイパーク公園にたどり着いた一羽の渡り鳥が、今日、日本に帰ってきます。ただしこの鳥は、自分では飛びません。エアカナダという大きな鳥の中で音楽を聴いたり、雑誌を読みながら、帰ってきます。約2週間ちょっとでしたが、クリスマスをはさんでいましたから、わたしにとっては、結構長い2週間でした。でも今回は、電話だけではなくて、Skypeemoticon-0151-skype.gifという、すごいことができたので、なぜか全然あっていないような気がしません。その点は本当に良かったと思います。さてと、今日、ヒラリーさんが成田に着くのは、たぶん、午後3時頃になるでしょう。だから、家に着くのは夕方です。それまでに、最低でも掃除くらいはやっておかなければなりません。今までの、一人のんびり、たっぷりあった時間は終わり、これからは、にわかに速いテンポで進むことでしょう。ましてや、明日は晦日、もうすぐお正月が待っています。いい時に帰ってきてくれました。emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
☆連続テレビドラマ「JIN」



emoticon-0128-hi.gif「国のため、道のため」

 仁というのは、「医は仁術なり」という言葉からきています。

 もともと「仁」は儒家の思想家「孔子」の教えの根本です。

 「仁」は、すなわち「慈しみ」のこころ「愛」です。


 わたしが最近レンタルビデオ屋さんで借りてみた連続ドラマ、とてもおもしろかったです。この中に登場してくる、武田鉄矢ふんする緒方洪庵が、いつも決まって何度もいう台詞があるんです。それがこの言葉「国のため、人のため」です。わたしはこの言葉がとても印象深くこころに残りました。「医は仁術なり」といいますが、まさに「指圧も仁術なり。鍼灸も仁術なり」なんです。医療にはいろんな道があります。しかし、どの道を歩む治療家も、みんなそのこころはひとつです。「世のため、人のため」そんな気持ちで、治療にあたらせてもらっているのです。だから、わたしには「国のため、道のため」という言葉がとても印象深くこころに残ったのです。ちなみに孔子の論語の中にこんな言葉があります。

emoticon-0171-star.gif「朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり」
 
 「朝、真実の道を悟ることができたら、その日の夕方に死んでもかまわない」。人の道の尊さを説いた言葉とされていますが、医療をこころざす者がめざしたもの、それが、「道」なのです。
[PR]
emoticon-0136-giggle.gif emoticon-0151-skype.gif「Skype」に挑戦してみました

 いままで、やろうとしてできなかったことがたくさんあります。Skypeemoticon-0151-skype.gifもそのひとつです。これはむしろ、わたしよりヒラリーさんの方が積極的でした。なぜなら、Skypeemoticon-0151-skype.gifってパソコンを通じて会話するテレビ電話のことなのです。しかも、電話と違うところは、インターネットがつながっていれば、電話回線を使うわけではないので、通話料は無料らしいのです。もしこれがうまくいけば、ヒラリーさんは、遠くはなれた、家族や友達と、画面を見ながら話ができるわけです。このように社会が国際的になってくると、これからは、こういうことが、日常的にできるようにならないといけません。頭ではわかっているのですが、問題は、どのように設定するのかです。その設定が、うまくいかないらしくて、パソコンの画面にSkypeのemoticon-0151-skype.gifが出てくるのですが、なかなか、つながりませんでした。

 わたしもブログをやっていますから、Skypeemoticon-0151-skype.gifという言葉くらい知っていましたが、それがどのように使われるのか、まったく想像すらできませんでした。その設定ってかなり難しいと思っていたのですが、やればできるものなんですね。今回は一人になって、わたしにはたっぷりと時間がありますから、このSkypeemoticon-0151-skype.gifに挑戦してみようという気になったのです。ところが、わたしがやっているブログからemoticon-0151-skype.gifが、簡単に設定できてしまったのです。ちょうどつい先ほど、カナダのトロントにいるヒラリーさんから電話がありましたので、試しに通じるかどうかやってみたのですが、それがなんと通じたし、画面ではっきりと、カナダにいるヒラリーさんや、お母さんや、お姉さんの顔が確認できたのです。まあ、初めてでしたから、途中で何回も接続が切れてしまったり、画像が、テレビのようには鮮明に写らなかったりという問題はありますが、それでも、使えるということがわかっただけでも大満足でした。

 ヒラリーさんも明後日には、日本に帰ってきます。そうすれば、きっとこれからきっとこのemoticon-0151-skype.gifをつかって、トロントや普段はお姉さんがいるワシントンに向けて、このemoticon-0151-skype.gifを発信するに違いないのです。emoticon-0151-skype.gifが無事に設定できて本当によかったと思います。それにしても、すごい時代になりましたね。「テレビ電話」なんてわたしが子供の頃には、「輝ける21世紀の夢」のひとつでした。それが、今日たった今、我が家の居間で実現できたのですから、本当にすごいemoticon-0136-giggle.gifちょっと、われながら感動ものでした。わたしみたいに、こんな機械音痴、パソコン音痴、でさえできたんですから、みなさんもぜひ、このemoticon-0151-skype.gifに挑戦してみてください。
[PR]
emoticon-0128-hi.gif ブログをとうして好きな音楽が共有できるなんて、なんて素晴らしいことなんだろう



☆これは、絶対見てほしいプロモーションビデオ、クリックしてください⤵

emoticon-0103-cool.gif Jason Mraz - I'm Yours (Live On Earth Single Video)


We Sing, We Dance, We Steal Things

Jason Mraz / Warner Bros.

「恋するすべて人に贈る」アルバムである。特にこの中の「アイムユアーズ」が大好き、これを聴いてると心が浮き浮きして、とてもハッピーな気分になる。更に好きになると、ここ歌が頭から離れなくなる。

スコア:


☆JASON MRAZのCDアルバム
e0167411_16423822.jpg

☆CDアルバムの内側、イラストがとても可愛い
e0167411_16414352.jpg


emoticon-0157-sun.gif ああ、人生はなんて素晴らしいんだろうemoticon-0159-music.gif

 音楽との出会いは、実に楽しい。2ヶ月ほど前にドライブ中、ラジオのK-MIXから流れていたのがこの曲、「アイムユアーズ」。「私この曲大好き」といってヒラリーさんに教えられた。その時は、そんなに特別だとは思わなかった。しかし、今回のハワイの旅行で「ダイヤモンドヘッド・ヘルスバー」でこの曲を夜、ライブで聴いた時には、さすがにシビレタ。もちろん歌っているのはジェイソン・ムラーズではないけれど、ジェイソンのようなテイストを持ったかなり上手な若者のサウンドがこの曲との距離を一気に近づけてくれた。軽快な実にテンポのいい曲である。「アイムユアーズ」という題名からも恋の歌であることはわかる。私もこの年齢を考えると、もう恋なんていえる年齢ではないことくらいわかっているが、そんな「オジサン」の私でも、あの浮き浮きする気持は、まだこころのどこかに生き続けている。「自由に生きる若者の恋の歌」それが、この「アイムユアーズ」。年齢を超えてすべての恋する人々に贈りたい。大変ハッピーな曲である。

 恋愛なんてと、ある程度お年を召した大人は、言うかもしれない。しかし、私は、そうは思わない。この世に大切なものはいくつかあるが、その中でも恋は、大切な人生の一大事。もし恋する心を失ってしまた人がいたならなんて人生は味気ないことか。そのくらい人生に置いてかけがいのないものでる。特にこの「アイムユアーズ」一度は聴いて欲しい曲である。この歌を聴いていると「人生はなんて素晴らしい」という感情がこみ上げてくる。私たちは、ともすると現実の生活に追われ、恋をする心を失いかけている。しかし、恋をしてこそ人生に喜びが生まれてくることは、誰も否定することはできない。もし、人は健康で長生きしたいと思うなら、一生恋をすればいい。恋することで生きる喜びが得られ、身体はそれに答えてくれるはずである。人は恋をしたら何もいらない。お金も、地位も名誉も、恋する喜びに比べたら、それらは、なんと空しいものであることか、そんな気分にさせてくれるのが「アイムユアーズ」である。

 私は、遠い異国の地で、旅という非現実世界でこの歌を味わった。非現実だからこの歌を心底味わうことができたのかもしれない。しかし、この歌を聴いた翌日から、頭の中で何度も何度もリズムとサウンドがくり返し離れなくなってしまった。ワイキキの浜辺を裸足で歩きながら、何度このリズムを口ずさんだことだろう。そして、こうして帰国した今もこの曲が頭から離れなくなってしまった。でもそれは決して苦痛なことでもなく不快なことではない。むしろそのことでとてもハッピーな感情が毎日毎日持続している。だからこそ、嘘だと思うかもしれないが、一度はだまされたと思ってこの曲を聴いて欲しい。もしかしたら、あなたも私とヒラリーさんのように、部屋中を躍りながら、口ずさむようになってしまうことになるかもしれない。

☆ジャケットからCDを取り出したところ
e0167411_13324470.jpg


emoticon-0128-hi.gif 「アイムユアーズ」の日本語翻訳に挑戦してみました

☆「アイムユアーズ」てどんな曲だろう。素朴な疑問にお答えしたいと思います。ところが、歌詞カードもアルバムの中には入っていませんでした。そのくらいですから、インターネットで歌詞を調べて、ヒデ&ヒラが、日本語翻訳に挑戦してみました。多分日本で初めての翻訳です。上手く訳せているかはわかりませんが、歌詞の感じはつかめたと思います。

Well you done done me in, you bet I felt it
I tried to be chill but you're so hot that I melted
I fell right through the cracks
Now I'm trying to get back
Before the cool done run out I'll be giving it my bestest
And nothing's gonna stop me but divine intervention
I reckon it's again my turn to win some or learn some

But I won't hesitate no more, no more
It cannot wait, I'm yours

Well open up your mind and see like me
Open up your plans and damn you're free
Look into your heart and you'll find love love love love
Listen to the music of the moment, people dance and sing
We're just one big family
And it's our God-forsaken right to be loved love love loved loved

So I won't hesitate no more, no more
It cannot wait I'm sure
There's no need to complicate
Our time is short
This is our fate, I'm yours

Do you want to, come on
Scootch over closer dear
And I will nibble your ear

I've been spending way too long checking my tongue in the mirror
And bending over backwards just to try to see it clearer
But my breath fogged up the glass
And so I drew a new face and I laughed
I guess what I'll be saying is there ain't no better reason
To rid yourself of vanities and just go with the seasons
It's what we aim to do
Our name is our virtue

But I won't hesitate no more, no more
It cannot wait, I'm yours

Well open up your mind and see like me
Open up your plans and damn you're free
Look into your heart and you'll find that the sky is yours
So please don't please don't please don't
There's no need to complicate
'Cause our time is short
This oh this oh this is our fate I'm yours

Oh I'm yours, oh I'm yours, oh
Baby, do believe I'm yours
You best believe, you best believe I'm yours


あなたは、上手く私を恋に落としました。私は間違いなく感じました
冷静になろうとしたけど、あなたは超ホットだから私はとけてしまいました
そして、私は床の隙間に落ちてしまいました
今私は、必死で戻ろうとしています
冷静でいられる前に
今私は、この恋に夢中です
そして、神様以外に誰も私を止めることができません
もう一度、勝つか、習うか、わたしが試されるときが来たと思います

だけど、私はもう決して迷いません。決まりです、決まりです、決まりです
それは、あなたの気持が傾くまで待てられません、私はあなたのものです

あなたは頭をひらくと、私のようにみえます
あなたの契約をひらくと、あなたは自由になります
心の中を見ますと、ラブ、ラブ、ラブを見つけます
今流行の音楽を聴いて、人々は踊り歌います
私たちはひとつの大きな家族だけ
そして、愛される、愛されるは、神様からいただいた権利

そして、私はもう決して迷いません。決まり、決まり、決まり
それは、もう待てられません。私は間違いない
複雑にする必要はまったくありません
私たちに残された時間は短いですから
これは私たちの運命、私はあなたのものです

あなたは私の近くに寄りたいでしょう。愛しいあなた
そして、私はあなたの耳たぶをそっと噛んでしまおう

私はもう、鏡に映る舌ベラが長過ぎて確認しています
一生懸命見ていたら、鏡はくもり
くもった鏡に新しい顔を描いては、思わず噴き出してしまった
だから、私が言いたいことは、これ以上いい理由はありません
あなたは虚栄を捨てて季節とともに流されるだけ
これが私たちの目的です
私たちの名前は、私たちの美徳

だから、私はもう決して迷いません。決まり、決まり、決まり
もうそれは、待てられません。私はあなたのもの

そして、あなたは頭をひらくと、私のようにみえます
あなたの契約を解放すると、そして、あなたは自由になります
あなたは心の中を見て、そして、空はあなたのものになることがわかります
やめて、やめて、やめて、やめて
複雑にする必要はありません
私たちの残された時間は短いですから
これは、これは、これは、私たちの運命です
私はあなたのものです

オー 私はあなたのもの
ベイビー 私はあなたのものであることを信じてくれ
本当に信じてくれたら、私はあなたのものです
[PR]
emoticon-0128-hi.gif山下達郎「クリスマスイブ」♫



emoticon-0128-hi.gif やった!はじめて、「YouTube」の取り込みに成功しました。できてしまえば簡単なものですね。そんなわけで、一日遅れてしまいましたが、今日くらいまでなら許されるでしょう。お楽しみください。山下達郎「クリスマスイブ」emoticon-0159-music.gif
[PR]
☆これは銀座のクリスマスツリー、今日はクリスマス・イブです。みなさん気分は盛り上がっていますか?
e0167411_13574585.jpg

emoticon-0128-hi.gifカナダのクリスマスは、日本のお正月みたい

 今日はクリスマス・イブ。今週は、一人なのに忙しくてあっという間に一週間がたち。あっという間に、クリスマス・イブです。一昨日の電話だと「クリスマスは、セントクレアの親戚(いとこ)の家に集まって過ごす」ということでしたから、にぎやかなクリスマスになりそうです。わたしも一度、その親戚の家のクリスマスに招待されたことがあります。雪が降り積もっていて、とてもロマンチックな夜でした。初めて行った親戚の家でしたが、とてもあたたかく迎えられて、よその家におじゃましているような気がしませんでした。もう何年か前の話ですが、とても印象深く思い出が残っています。家の前には、シカやサンタさんのネオンがあり、大きなダイニングには、きれいにクリスマスツリーが飾られていました。「さすがにカナダのクリスマスだなあ」って感じがしました。家族親戚が集まって楽しい食事、シャンペンにおいしいターキーやローストビーフ。そして、プレゼント交換。本当にみんなこの日を、楽しみに待っていたんだなあ。そんな思いが伝わってくるような感じの夜でした。

 わたしは、何度かクリスマスの夜を外国で過ごしたことがあります。カナダもアメリカもそうですが、日本の正月とよく似ています。もちろん、正月とクリスマスでは、まるでイメージは違いますが、確かな共通点があるのです。家族は、子供が大きくなると、大学や就職が決まるようになると、みんなうちを離れて、家族はバラバラになっていきます。ところがそういう家族でも、一年に一回くらいは、集まる時があるのです。それが、日本ではお正月。カナダやアメリカでは、クリスマスなのです。この日が近づいてくると、みんなそろって帰省本能が働くのでしょうか。ふるさとの家族のもとに集まろうとするのです。このように、親戚に家に集まることもありますが、もとの単位は「家族」です。ですから、カナダのクリスマスは、日本のお正月のようなものなのです。

 じゃあ向こうのお正月はどうかといいますと、これまた日本のクリスマスのような感じなのです。というのは、やたらと、「パーティー」が多くて、「ニューイヤーズ・パーティー」は当たり前の常識なのであります。ちょうど、日本でも若いカップルが、ホテルを予約して、デートしたりします。やれ「クリスマス・パーティー」だと行っては、どこでも国中をあげて飲み歩いている人がたくさん見かけられるようになります。やはり、ここカナダやアメリカでも、クラブやバーやホテルは、大にぎわいで、まるで日本のクリスマスのような感じなのです。日本のクリスマスは、「動」。正月は、「静」とするなら、カナダは、クリスマスは、「静」。正月は、「動」なのです。本当に、その点は、まるっきり正反対のようですが、バランスを取っている点では、「西洋人も、東洋人も同じ人間の集団なんだなあ」と思われるのです。

 今日(正確には明日ですが)行く親戚の家は。ジョーン&デーブといういとこの家です。とても大きな家で、庭には大きなジャグジーがあります。大人5〜6人がゆったり入っても余裕があるくらいの大きさです。わたしは、何年か前に周りは雪が降り積もっていましたが、その露天のジャグジーに入れさせてもらいました。クリスマスの夜は、とても夜空の星がきれいでした。パーティーのシャンペンやワインでもうすっかり出来上がっていましたが、それでも、いつまでも入っていたくなるほど、快適な時間を過ごさせてもらいました。明日、ヒラリーさんは、そのパーティーに出かけていきます。「メリー・クリスマス」家族・親戚で大いに楽しんできてほしいです。
[PR]
☆たぶんいま、ヒラリーさんが歩いているハイ・パーク池の周りの散歩道。
e0167411_956506.jpg

emoticon-0128-hi.gif12月6日、パソコンが故障、データーを失う

 突然のことでした。いつものようにパソコンにスイッチを入れて使おうとしたら、パソコンが立ち上がりません。何度もやり直したのですが、結果は同じでした。立ち上がる直前に、きれてしまいどうしても使えませんでした。早速、アップルにパソコンを送って修理してもらい、11日にパソコンはもどってきたのですが、これまでのデーターがすべてなくなってしまいました。インターネットにつないだり、メールが書けるようにしたり、プリンターをつなげたりと、使えるようにするまで大変でした。今はようやく、今まで通り使えるようにはなっていますが、メールを送りたくても、アドレスをすべて失っていることに気づきました。修理に出す前に、データーが、もしかしたら消えてしまうかもしれないということは聞いていたのですが、やっぱり今までのメールがすべてなくなってしまったのは、ショックでした。本当に、今まで、たくさんの、メールを送っていただいた方には、申し訳ないと思っています。この場を借りて、お詫び申し上げます。

 そこでお願いなのですが、このブログをご覧いただいている方にメールの件をお願いしようと思います。たぶん、このブログを読んでいる方は、友達、もしくは患者さんが、多いと思うので、もしよろしければ、メールを送っていただけないでしょうか。それをもとに、新たに「アドレス帳」を作りたいと持っています。師走のこの忙しい時期ですから、「ブログ読みました」だけでも結構です。メールを送ってくださった方には、受け取ったことを確認する意味で、必ずお返事を差し上げたいと思います。私は前にも一度、雷でパソコンをダメにしてしまったことがあります。このようなことは、皆さんよくあることなのでしょうか?それとも私が運が悪いだけなのかな。いずれにせよ、友達にメールを送れないなんて寂しいことです。もしこのブログを読んでくれた友達や患者さん、八倉治療院、八倉秀夫あて、どちらでもかまいませんので、メールを送ってください。どうぞよろしくお願いします。

emoticon-0128-hi.gifメールの宛先:hyakura@sky.plala.or.jpです。
[PR]
☆カナダ・トロント市内にあるヒラリーさんのお母さんが住んでいる家です。
e0167411_10352590.jpg

☆家の前には、ハイ・パークという公園があります。大きさからいって日本では立派な湖ですが、向こうでは池といっています。池の周りを歩いて一周すると約1時間。散歩するのには最高です。
e0167411_10365888.jpg

☆その池には野鳥がたくさん生息しています。もちろん渡り鳥も住んでいます。
e0167411_10382920.jpg

emoticon-0128-hi.gif三日前、ヒラリーさんはカナダに帰って行った

 わたしの奥さんは、渡り鳥である。三日前に、ヒラリーさんはカナダに帰って行った。そして、29日に日本に帰ってくる。カナダに行く時も「帰る」日本に来る時も「帰る」である。まるで、渡り鳥である。そう「ヒラリー」という名前の渡り鳥である。私たちは結婚して、21年目である。だから、もう21年間も、カナダと日本の渡りを繰り返している。こんなに長い年月、渡りを繰り返している鳥は、鳥の仲間の中でも、そんなに滅多にはいないだろう。

 そんな渡りのベテランでも、実は、今回のカナダへの帰国は、とても判断が難しかった。病気のわたしをおいて自分だけ帰っていいのか、本人は判断を直前まで迷っていた。わたしの病気は、実に長い。最近になってよくはなってきたものの、11月から仕事を休んで、休業はまだ続いている。いつも相手の立場に立って物事を考えるヒラリーさんなので、ほとんど、今回も、また諦めていた。そういうヒラリーさんの性格や気持ちをわかっていたので、今回は、そんなに簡単にわたしも諦めさせるわけにはいかなかったのである。

 そう実は、今回のカナダ行きの計画は、今回で2回目だった。わたしが病気になる前から一度、10月に帰る計画があった。もう飛行機の切符も手配してあったので、直前にキャンセルしてしまったのである。キャンセル料を払ったわたしたちもつらかったが、ヒラリーさんの帰省を期待して待っていたカナダのお母さんや親戚にも大変残念な思いをさせてしまった。だからそういう意味で、今回は、わたしが、辛抱する番になったのである。

 ヒラリーさんのカナダの両親は、5年前にお父さんを亡くしたが、お母さんが健在である。そのお母さんも今年80歳を迎えた。からだはとても元気で丈夫ではあるが、「糖尿病」という持病がある。そのためか、2年前に、脳に大きな動脈瘤が出来て手術をした。それに、目も悪くなって病院には定期的に治療に通っている。そんなわけで、ヒラリーさんの2年に一度の渡りもこれからは、毎年になりそうである。

 それにしても本当に仲の良い親子だ。カナダと日本とはなれているのに、3日に一度は電話をかけ合っている。ヒラリーさんは、お母さんには何でも話す人で、よく電話でわたしのことも話題にしている。だから、わたしの仕事のことも、私の病気のことも。カナダのお母さんは、何でもよく知っている。多分生活上のことなら知らないことは、ほとんどないくらいだ。わたしは英語が苦手でお母さんとは、ほとんど話さないが、そういうわたしでも、ヒラリーさんを通じてカナダのお母さんや、親戚のことは、結構よく知っている。日本にいると、隣に住んでいる人が、どんな人なのかもわからないことが多いのに、わたしたちの家族や親戚は、カナダと日本の距離は離れていても、とても近くに感じられる。
 
 それにしても、わたしはヒラリーがとてもうらやましく感じる時がある。わたしは、35歳の時に母親を交通事故でなくしている。だから、母親というものがどんなに大切な存在かがよくわかる。両親、特に母親がいるところが、本当の「ふるさと」なのだろう。だから今でもヒラリーは、日本に住んでいてもカナダは帰るところなのである。そして、お母さんが健在な限り、ヒラリーは、カナダに帰るのである。だから、ヒラリーさんは渡り鳥。誰にも止めることは出来ない。

 
[PR]
☆ふるさとの山、八倉山には、すごいパワーが感じられる。
e0167411_9341984.jpg

☆山頂からの景色はとてもいい。
e0167411_1071571.jpg

emoticon-0128-hi.gif「医学では治らない病気はたくさんある」

 わたしが、休業に入ったのは先月はじめです。もうひと月半が経過しました。最初は、誰もがそうするように、私も皮膚科の病院にいってみました。特にそのクリニックは、漢方薬を扱うということで、評判のいいお医者さんでした。そこで私も診てもらいました。皮膚の湿疹のような疾患は、原因は様々で、特に全身湿疹となると、内臓疾患も考えられる難しいものです。特に、ひと月以上症状が続く場合は、慢性疾患にはいるのでそんなに簡単に治るものではありません。お医者さんには、「アレルギー性皮膚炎」という大ざっぱな説明をもらいましたが、それはそれで無理のないものです。

 ただ、困ることが、ひとつありました。私のジンマシンは、結構重症でしたから、ステロイド剤をすすめられてしまうことです。ステロイドは、炎症を抑えるという意味では、「最高の薬」です。最高というのは、いろんなニュアンスがありますが、言い方を変えるなら、「一番強い薬」という意味です。もちろん強い薬は、「副作用も一番強い」という意味ですから、あくまでも最後の切り札にすべきで、いろいろやってみて、もうどうしようもない時に、打つ手がなくなってしまってから使うものです。そういうわけで、クリニックにお世話になったのは、回数にして2回。後は、独自の方法で自然治癒力を発揮するようにこころがけしました。そんなわけで、とても、長い療養期間が、必要になってしまいました。

 もちろん、ジンマシンも若い頃に経験したことはありますが、全く治まらずに、ずっと続くこのような症状は、一度もなく初めての経験でしたから、師匠にもいろいろ相談してみました。その時に、師匠が、おっしゃった言葉に、この「医学では治らない病気はたくさんある」でした。とても印象深い言葉でした。医者では治らない病気を、どのようにして治療したのか?とても気になるところだと思います。特に、湿疹やジンマシンやアトピーなどのアレルギー性皮膚炎などの病気が慢性化して、どのような治療をしても治らない人は、実に多いです。はじめに、休業してから、「もうひと月半が」といいましたが、薬もほとんど使うことなく、ひと月半でだいぶよくなっているということは、考えようによっては、すごい回復だということもいえるのです。

 わたしの全身湿疹は、もう全身ではなく、下肢、特に膝からしたの下腿に限定されるようになってきました。もちろん肝臓が弱っていることはわかっていましたから、好きなお酒をひかえ、なるべく外出をひかえてきました。そういうこともあって、ここまで回復してきたわけです。かゆみもだいぶ治まってきましたし、このまま、気をつけていけば、湿疹も少しづつよくなっていくと思います。ところが、治療を再開にするにあたって困っていることがもうひとつあるのです。それは、私の手から、すっかり「パワー」が落ちてしまっていることです。このパワーというのは、「筋肉の力」ではなく、体全体から湧き出ている「エネルギー」のようなものです。治療家は、そのエネルギーを使って治療を行っているのです。そのパワーがもどらない限りわたしは、治療を再開することができないのです。

 今わたしは、治療再開に向けて、最終的な準備を行っています。ごく最近になって師匠からいただいた指導は、「これまでどおりゆっくり休みなさい。心配などせず、なるべくこころから不安を取り除きなさい。それから、散歩を少しづつはじめなさい。なるべく自然に触れる機会や時間をもうけなさい」でした。この最後の、「自然に触れる機会や時間をもうけなさい」というのは、最近になって、新しく加わった指導です。つまり、「パワー」というのは、「自然に触れる」ことで養われるという意味なのです。わたしが失ったパワーは、いつになったらもとに戻るのか、自分では、よくわかりません。来週になるのか?今年中なのか?または、来年になるのか?本当に、その点がお約束できないのが残念ですが、もう少しです。もうしばらくお待ちください。
[PR]