<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

emoticon-0136-giggle.gif2012年八倉治療院クリスマスディスプレー
e0167411_17264762.jpg


「また今年も遊んでみました」

 八倉治療院の玄関に入ってすぐ右手、このようなクリスマスのディスプレーが見られます。これはいつもヒラリーさんが、飾り付けをやっているんですが、不思議なもので、年々少しずつ変わっていくんです。例えば、額縁に入ったデザイン手ぬぐいの「サンタさん」これは今年に入って購入したものです。ですから初めてのクリスマスです。そしてもう一つ、一番右手には、船のようなものが見えますが、何かわかりますか?わたしの患者さんでも、ヒラリーさんの生徒さんでも、この飾りが何かわからない人が、多いんです。実は、「ノアの箱船」なんです。箱船の中に電気がかすかに灯っているのがわかりますか?「何か、クリスマス・スピリットが伝えられたらいいなあ」と思って始めました。一生懸命、ヒラリーさんが、愛情いっぱいで飾った、「2012年八倉治療院クリスマス・ディスプレー」でした。せっかくですから、細かく、少しづつスナップで紹介していこうと思っていますので、これからしばらくの間、お付き合いください。
[PR]
emoticon-0128-hi.gif八倉治療院は、今年もユニセフに募金をします
e0167411_11164096.jpg

「子供の命の数だけ、ワクチンが必要です」

 また、今年もユニセフから、募金に協力の手紙が送られてきました。もう毎年恒例になりました。確かに12月になると、歳末助け合い運動ということで、街でも街頭募金が見られます。でも失礼かもしれませんが、「本当に困っている人のところに届くのかな?」という一抹の疑問を抱かないでもありません。世の中には悪い人もいますから、こういう人の善意を裏切って私腹を肥やす人だってないわけではありません。でも、「ユニセフなら大丈夫!」だって、思っていますから、これまでも、安心して、募金活動に協力してきました。振り込み用紙に書かれているこういう文句が、わたしたちには、重く心に響きます。

emoticon-0171-star.gif5000円のご支援が、乳幼児の死因の一つ、はしかから子供を守る予防接種用ワクチン260回分に変わります。

emoticon-0171-star.gif10000円のご支援が、3つの感染症(破傷風、百日咳、ジフテリア)の混合ワクチン886回分に変わります。

 どうですか、この文句を見ると、こころが動きませんか?わたしたちは、海外旅行に行くと、よく現地の貧しい子供たちに出会います。彼等は、生活のために必死でお金や物をねだってきます。でも、それで一人の子にやっても、次から次へと、キリがありません。ですから、こころを鬼にして、見て見ぬ振りをしてしまいます。旅行を楽しませてもらうには、そういう割り切りの気持ちも大切です。しかし、いつもこころの中では「申し訳ない。助けてあげられなくてゴメンね」と、つぶやきます。ですから、年末のユニセフの募金には、いつも率先して、協力させてもらっているのです。あなたもどうですか?無理のないところで、協力させてもらえたら、少しだけでも暖かい気持ちにさせてもらえますよ。
[PR]
e0167411_19393589.jpg

e0167411_1939844.jpg

emoticon-0128-hi.gif12月のお休み

 さあ、今年も最後の12月が来ました。今年一年、いろんなことがありましたが、やっぱり、世の中不景気でした。不況は、わたしたちの治療院の経営にも、大きく影響します。会社でも大きな会社より小さな会社。ましてや、わたしたちのような、自営業のひとつである治療院は、自由診療ですから、かりにどんなに腕があっても、やはり不景気な世の中になりますと影響が出てくるものなんですね。でも、皆様の八倉治療院は、先月もなんとか治療者数の目標を達成し、おかげさまで少しだけですが、不況の影響を脱することができました。12月は、毎年どんなに不景気であろうと、クリスマスや忘年会などで盛り上がり、少しだけ、不景気の風を忘れさせてくれる月のようです。さあ、今年も残りわずか、1年の締めくくりをしっかりと行なうつもりです。風など吹き飛ばして、よいお年を迎えようではありませんか。
[PR]