<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

037.gif 東海道五十三次石畳茶屋「巡(めぐり)」
e0167411_145458100.jpg

e0167411_14561226.jpg

e0167411_14565071.jpg
e0167411_1455471.jpg

e0167411_14564244.jpg


今日は、ゴールデンウイークの初日です。海外に行かれる方、故郷へ帰省する方など、日本人が民族の大移動をするのも今日からです。そんな日のお昼の時間帯ですが、わたしたちは、静岡県島田市金谷にある石畳茶屋「巡(めぐり)」のランチに行ってきました。

駐車場も石畳の史跡巡りをされる方がいますので3カ所くらいあります。わたしたちは、2番目に近い駐車場に車をおいて、少し階段を歩き、石畳茶屋に着きました。天気もよく、このように新緑の緑がきれいです。また、この辺は、牧ノ原茶園がありますから、お茶の葉の緑も、また、鮮やかです。

ランチは、1000円ちょっとくらいで、自分の好きな品目から選ぶことができます。ハンバーグやチキン、それから、野菜料理、サラダ、そして、ケーキなどのスイート。飲み物に、ジュースやコーヒーなど、すべて、自分の好みに応じて選べるので、とても、満足できるのではないかと思います。こんな近場に、ホットくつろげる場所があったなんて、とても幸せな気分になりました。

わたしたちのように自営業をやっているものでも、毎日の生活は単調です。ですから、どうしても気分転換のようなものは必要です。でも、あまり欲をかいて、旅行なんて考えますと、そんなに若くはないので、ちょっと疲労の方が、先に着いてまわります。ですから、あまり無理をしないで、ちょっと近場で、まだいったことがないレストランや喫茶店などをさがして、行ってみるっていうのはどうでしょうか?本当にいい気分転換になりますよ。

いい気分転換ということは、こうしてちょっぴり自分の今いる世界を広げてみることではないでしょうか。5月のゴールデンウイークの初日ですが、とてもいい一日になったような気がします。
[PR]
029.gif スギ花粉が悪いのではなくて
e0167411_10232632.jpg

e0167411_10223030.jpg


今日は4月22日。わたしはまだ花粉症に悩まされています。今年は花粉の量がいつもより多くて、まだ現在も花粉情報では「やや多い」という警報が続いています。こんな時期だからこそ、わたしはあえていわせてもらいます。「スギ花粉が悪いのではなくて……」と。スギ花粉を悪者にしている限り、この花粉との闘いは終わらないということを知っているからです。

でもこの言葉を意外に感じる人は多いと思います。花粉症で悩まされたことがない人は、ほとんど何も関心を示しませんが、花粉症に悩まされている人には、考えられないことではないでしょうか。でも考えてみてください。花粉症という言葉は、昔はありませんでした。花粉症という言葉が、よく聞かれるようになったのは、「昭和」になってからではないでしょうか。このころから、日本という国においては、環境の変化があったからです。人のからだを巡り、外部環境と内部環境が、著しく変化しはじめたからです。花粉症という症状を引き起こしているのは実は、この環境の変化によるものです。

もう少し具体的にお話しさせてもらいます。外部環境というのは、車の廃棄ガスとか工場などの空気汚染などが原因です。内部環境というのは、薬による副作用であったり、食品の消毒や化学肥料によるものが、原因であったりします。わたしたちの生活は、文化や科学の名のもとに、著しい変化を成し遂げてきました。しかし、それらのもたらした功績は、いいことばかりではなく。大変な弊害ももたらしたのです。花粉症はまさに、それらの代表的な社会現象ともいえます。あまり、このようなことを言われても実感を伴わない方がほとんどでしょう。

花粉症のつらさは、なんといっても鼻水・鼻づまり、それから、激しい痛みをともなった目のかゆみです。これらは、スギ花粉か飛び始める2月の中旬から、4月の終わりくらいまで続きます。でもこのつらさは、よく考えてみると、「排毒症状」といわれるものです。わたしたちの身体の老廃物は、ほとんどが毒素です。大便小便、汗などもその代表的なものですが、実は、涙や鼻水、鼻汁なども立派な排毒症状なのです。つまり原因は、人のからだの中に、毒素といえるものが充満しはじめていて、スギ花粉によってそれが引き起こされているだけなのです。

排毒という点からいえば、涙や鼻水・鼻汁などは、立派な排毒症状ですから、それを薬で押さえようとする方法は、「毒をもって毒を制する」というかたちで、根本的な治療にはなっていません。だから毎年、薬で症状を抑えた方は、毎年のように、薬を用いることになり、花粉症を訴える患者さんは、増加することはあっても、いっこうに減ることはないのです。「毒をもって毒を制する」というやり方は、結局、体内という内部環境を悪化させることに繋がるという事実を、早くわたしたちは認識する必要があります。

わたしたちは、これから本当に健康を取り戻すことを真剣に考えていくならば、こうした環境を改善する努力をしていかなければなりません。ところが、外部環境を改善するためには、一人の力では何も改善されません。ですから、手始めに、内部環境を改善する努力から始められることを提案します。それには、最も問題である毒素として、薬です。「薬をなるべく飲まない」そして、「体質改善」として、「食事療法」が必要だと思います。なるべく、消毒などで汚染されていない食べ物をとること。それから、自分の健康状態を考慮して、減らすべきものは減らし、必要なものものを積極的にとるような努力が必要なのではないでしょうか?いつまでも「スギ花粉が悪い」という責任転換は辞めて、「自己責任としての健康法」がこれからの時代には求められています。
[PR]
029.gif4月のお休み
e0167411_14504437.jpg
e0167411_14502978.jpg


お久しぶりです。最近はブログもご無沙汰していまして、あまり更新されていなかったので、どうしたのか心配されていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご心配かけました。わたしは大丈夫です。実は、先月は、お休みを頂いて、ハワイの方に出かけていました。3月は、スギ花粉の季節。この月は、花粉が猛威を振るっていますから、すこし、花粉がないハワイで時を過ごしてまいりました。それにしても、今年のスギ花粉は、すごい猛威ですね。毎日、花粉情報を見ていると、「非常に多い」という日ばかりで、一体どこがピークで、いつ収まるのか?そんな日が毎日ずっと続いてきました。まだ、ネットで見る限り、「非常に多い」の終了のめどがつきません。おかげで、今年から、「花粉症デビューです」という話をよく聞きます。わたしはといえば、患者さんの花粉症は、治療できても、まだまだ、自分自身の治療というものが、なかなかできずに苦しんでいます。ただ、少し前よりは、進歩があるとすれば、今年はいくら花粉症に苦しんでいる最中でも「花粉が悪いわけではない。身体の外部環境や内部環境を汚し、毒素を溜め込んでしまった自分自身が悪い」というように自分の罪を認めたことです。いつかまた、このことはブログに記事としてまとめたいと思っています。というわけで、八倉治療院は、間違いなく開院しておりますので、どうぞいらっしゃってください。パピーカレンダーの通り、定連休以外は、開業しています。
[PR]