<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

わたしは身体を大切に考えている患者さんを尊敬します(2)

「人の命は、何よりも重い」

e0167411_10191227.jpg


「お金は、人の命よりも重い」なんて、口に出していう人はいません。でもこころのどこかでは、事実として肯定しているんじゃあないでしょうか?「世の中で一番大切なものはお金だよなあ」ってね。

子供の頃、母から「人の命は、何よりも重い」って教えられてきたわたしでも、大人になった時には、人間の社会は、世界中どこでも、現実的には「お金は、人の命よりも重い」ものなんだなあって思うようになっていました。何よりも、自分自身が、お金で、ものの価値を評価するように変化していたのがショックでした。

もしわたしが、ある人物に出会わなかったら、わたしも「新地球の法則」に従って、お金の価値観で動かされる人間の一人になっていたことでしょう。60年間、生きていろんな人と出会い、わたしなりにいろんな人を見てきました。でも、この方と出会うまでは、世の中に、お金に支配されないで生きて行動している人がいるなんていうことは知りませんでした。それがわたしの師匠だったのです。

「お金?汚れるから」って言って、治療中の時には、一切お金には触れようともしません。お金以外の目的で、仕事を全うしている人間を、わたしははじめて目の当たりにさせてもらったのです。師匠の日常をみさせてもらっても、長くお付き合いさせてもらっていますが、師匠には、全く欲という欲がありません。

「人はね、魂ひとつでこの世に生まれて、魂ひとつでまたあの世に帰って行くんです。ですからいくら、お金や財産があったって、それを持ってあの世に行けるわけではないから、意味がないのです」

「もしお金が大切だからといって、金貨をお墓に持って行っても、古代エジプトでそうだったように墓泥棒に荒らされて持って行かれるだけで、永遠に自分の財産になるものなってありません。じゃあ、自分の子孫に財産を残そうとしても、争いごとが起きるだけで、かえってこれなら何も残さないことが最良の道であることも、亡くなった後にわかることで、これも後悔のひとつとなるのです」

「じゃあ、自分の身体は、あなたのものかといえば、そんなことはありません。それは、生きている間、あなたが神様からお預かりしているものに過ぎないのです。それをあなた方は、勝手に自分のものだって思い込んでしまって、ボロボロになるまで壊して平気な人がいますが、それは、神様の目からしたらどのように見えるかわかりますか?」


このようなことを、師匠の口から聞かされたことがあります。わたしもこのようなことを聞かされた時、本当にショックでした。まるで、今までの自分の価値観が、音を立てて崩れ去っていくのが、耳に聞こえてくるようでした。師匠の言葉は、いつもそうですが、重くて、否定しようがありません。言い返そうと思っても、言葉が湧いてきません。

特に今わたしも師匠と同じように治療をさせてもらうという立場に立たされています。「身体」という概念が、全く患者さんや一般の人と考えが変わってしまいました。「壊す」方ではなくて「治させてもらう」方の立場からすると、いかに、患者さんの考え方が、ご自分を大切にしていないかがよくわかります。自分自身を含めて、本当にみなさん「感謝」が足りないのです。

感謝は、わたしたち治療をするものに対してではなく、大宇宙や小宇宙(人体)を作られた創造主である神様です。でも、そういうわたしもあまり患者さまに対してエラそうなことがいえないのです。第一、自分のこころや身体をボロボロに壊してしまったことがあるから、その尊さがわかるからです。

わたしは師匠からいわれたのです。「どのような道も、早い遅いはありません。気づいたときが、その人のチャンスなのです。ケガも病気も不幸現象も、すべては、あなたに気づいて欲しいから起きている神様からのメッセージだからです」

だから、こんなわたしでも神様のお手伝いが出来るなら、自分の人生のすべてをかけてもいいって思いました。でもごく稀に、患者さんの中でも、自分自身の身体を大切にしたい。またそれは、口だけではなく、それを実行されている患者さんがいます。わたしはそういう患者さんを見ると、心の底から、尊敬するようになったのです。

わたしの目からは、治療をする方も、受ける方もそういうことは一切関係ありません。みんな神様の分身ですから、ケガや病気や不幸を通して、どちらが先に気づかさせてもらうかが問題なのです。わたしは師匠と出会ってそのように考えが変わったのです。

(おわり)
[PR]
わたしは身体を大切に考えている患者さんを尊敬します(1)

「お金は、人の命よりも重い」
e0167411_9465478.jpg

わたしは子供の頃に母から、「人の命は、何よりも重い」っていうふうに教えられました。母は何を思ってかしりませんが、「この地球と同じくらい大切なものだよ」って教えてくれました。それを聞いた少年だったわたしは、それはすごいって思いました。

ところが、わたしが大人になった時に、わたしを取り巻く世界が、どうもそのようになっていないことに気づかされました。どうも生命(いのち)よりも、大切なものがあることに気づかされたのです。それが「お金』でした。どうもこの世では、お金で買えないものはないように思えるのです。実際、交通事故で裁判になったとしても、最後はお金で決着がつきます。何でもそうです。

この世で、最も縦横無尽にはばをきかせて、威張っているのは、実は人ではなくて、お金です。どんな人でも、お金のある人にはかないません。また逆に、どんな人でもお金がなくなれば、もう力はなくなるのです。わたしの知る限り、それは世界中どこでも同じです。余程文明とかけ離れ、孤立した社会でない限り、やはり、人を動かし世界を動かしているのはお金なのです。それを、わたしはこれから「新地球の法則」と呼ぶことにします。

これから、みなさんももしよかったら、わたしと一緒に、あなたを取り巻く世界を、よーくご覧になってみてください。仕事でも教育でも科学でも宗教でも、仮に人を助ける医療であっても、その目的を突き詰めて行くと、最後は「お金」と言うことになりませんか?そうなんです。この世は、すべてお金という力が働いて、それで世界を動かしているのです。

そうなるとわたしたちの日常も、そのお金の力がはたらいて、お金の持つ価値というものが、日常的に計算され、人の価値観まで支配していることに気づくはずです。ビックリすることに、それは、身体の大切さ、いのちの尊さをはるかに越えているのです。

人は簡単に、身体と健康の大切さを口で唱えますが、じゃ実際にどこまで、その身体と健康を考えているかといえば、疑問です。人は、どのくらい疲労していたとしても、そう簡単には仕事を手放しません。義務とか使命という言葉で、自分を納得させようとしますが、やはり最後は、お金なのです。休むことで、給料が減らされることが、何よりも耐えられないくらいつらいのです。

そのくらいなら、個人の価値観の問題ですから、別に取りざたされされるほどの問題ではないかもしれません。でも世間では、お金のためなら、親や兄弟でも親友や恋人まで売る人は実際に大勢います。下手をすると魂まで売る。身体の臓器まで売ってしまう人だって、世界中には大勢いるのです。

こうなってくると、子供の頃、わたしが母から教えてもらった、「人の生命は、何よりも重い」という言葉は、一体、本当だったのかウソだったのか?自分でもわからなくなってしまいます。わたしがここまで、あからさまにしたかった事実は、実は、この世、この地球上では、「人の命よりも重い、大事なものが支配していて、それはお金なんだ」ということです。それは、経済社会となった現代のグローバル、スタンダード。新しい「地球の法則」なのです。だから、何よりもお金が優先されるということがよくわかってもらえたのではないでしょうか?

(つづく)
[PR]