<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「幸せって『知足』っていうことじゃないかな?」

e0167411_9275463.jpg


「幸せって何だろう?」何だか禅問答しているみたいなタイトルになっちゃいましたけど、その答えは、龍安寺のつくばいにありました。「吾、唯、足るを、知るのみ」たった漢字4文字に、幸せとは何か?その答えが示されているなんて、一体誰が考えたことなんでしょう?わたしが大好きな「老子さま」という説もあるけど、そんなことはどうでもいいですね。

それにしても日本人のご先祖さまって、本当にすごいですね。こんなことを考えていて、さらっとさりげなく答えに導いてくれるんですもん。こんなふうにさらりと言える人なんてそんなにどこににもいるもんじゃないですよ。本当に押し付けがましくなくって、さらりと導いてくれる。まるで、わたしの師匠さんみたいな人だって、わたしは思いました。

ところで、「吾は、ただ、足るを知るのみ」ってどういう意味なの?というあなたに、もう少し、言葉を添えさせてもらうことにしますね。あなたのまわりに、お金持ちがいたら、その人のことを、こころの中に重い浮かべてみてください。お金持ちほど、「お金がない.お金がない」っていいませんか?

自分よりもよっぽどお金を持っているのに、どうしてこの人は、そんなことを言うのかなあって思うんですけど。こっちが聞かなくても口癖のように「お金がない」って言ってくるんです。それって、貧乏な私に対する当てつけかなって思う時もあるくらいなんですよ。でもね、よくよく聞いてみると、「私、もっとお金が欲しい」という気持ちの裏返しだったんですね。

お金のある人ほど、もっともっとお金が欲しくなるものなんですね。人間の欲って本当に、切りがなく限界がないんですね。お金のある人っていいなあって普通は思いがちなんですが、実際は、いくらお金持ちになったて、同じなんですよ。いくらお金持ちになったって、これでよし、って満足する気持ちがなかったら、やっぱりいつまでたっても、「お金が欲しい、もっともっと欲しい」になっちゃうんですね。逆に言えば、お金持ちほど、強欲なものはないんです。

こういったら、もう「知足」という意味がお分かりいただけたんじゃないんですか?でもこれは、わかりやすいように、お金で、例えさせてもらいましたけど。人間の欲望っていうのは、それ以外にもいっぱいあるものなんですね。

私もっと背が高くなりたい。もっとオッパイが大きくなりたいとか、もっと痩せてスマートになりたいって、誰もが思うでしょう?でもそれじゃあいつまでたっても満足ができないから、幸せにはなれないってことじゃないんですか?そういうことなんですよ。もしかしたら、あなたも、わたしと同じ強欲なところが、いくつか見つかりましたか?

そういえば、お釈迦様も同じことをいっていますよ。「人間はどうしたら苦しみから逃れることが出来るんですか?」ってお弟子さんが質問されたとき、「それは、欲望を捨て去ることですよ」って答えられたそうです。「人間には108つの欲望(煩悩)があって、その欲望を捨て去ることが出来たら、人は、本当の幸せを見つけ出すことが出来るんですよ」ってね。

つまり、人間は、今の自分に与えられたものに満足できたら、幸せになれるんですね。何でも神様に感謝して、ありのままの自分を受け入れられたら、幸せになれるんです。それが、つくばいの知足、「われ、ただ足るを知る」の意味だったんです。

つまり、「悟り」の意味が、このたった4字の漢字に込められていて、それをしかも美しいデザインにまとめたものが、龍安寺の「つくばい」だったんです。この画像を探す為にネットで調べてみたら、今は日本人より外国から見える外国人の観光客さんの方がずっと多いそうなんですね、時代も変わりました。

そういえば、わたしもむかし、師匠に「幸せって何ですか?」って質問したことがあったんです。そうしたら、師匠がなんて答えたかわかりますか?「それはね、自分には、雨や風から身を守ってくれる家があるっていうことですよ」って答えてくださったことを今でも昨日のように覚えています。

正直いってわたしの師匠の住んでいらっしゃるお家は、オセイジにも立派なお家とはいえないんです。やっぱり、わたしの師匠という人は、本当にすごい人なんだなあって、その時に、しみじみ思いました。
[PR]
e0167411_19352494.jpg

偏頭痛は、薬にたよらない鍼灸治療で治すのが一番です

偏頭痛の特徴は、ネットで調べればすぐにわかることですから、あえて八倉治療院では、詳しい説明は、省略させていただきます。でも偏頭痛って気の毒なくらい酷い症状になるんですね。もしご家族に偏頭痛に苦しまれている人がいれば、なんとかしてあげたいと誰もが思われることでしょう。

実は、私の奥さんが、偏頭痛で、長い間患っていました。特に、いったん偏頭痛が始まると、嘔吐が、定期的に襲ってきて、もう吐くものがなくなってしまうくらい徹底して、トイレ通いが続いていました。そばにいる私も、これが始まってしまうと、何もしてあげられず、ただただ見守るだけでした。

じゃあ、嘔吐が始まる前なら、食い止めることが出来るのかといえば、私は可能だって思っています。体調の変調に気づいて、頭痛も始まったかなって思うかどうかくらいなら、なんとか鍼治療で、その後の発作も食い止めたことが何度かありました。だから、ずっと鍼灸治療は、偏頭痛に効果があることは前々からわかっていました。

でも最近では、もうほとんど、奥さんの偏頭痛は、全くと言っていいほど見ることも聞くこともなくなりました。鍼灸治療で、免疫力を高めてあげることで、今まで体質であるとか遺伝であるとか言われて、諦めていた偏頭痛が、いつの間にかなくなっていたのです。偏頭痛が完治したといえるでしょう。

頭がズキズキする。痛みが左右と移動する。光が眩しく感じられて視覚に変調をきたす。嗅覚まで過敏になってしまう。そして、頭の激痛とともに、自分では手が付けられないくらいの嘔吐が始まったら、ほとんど一日中苦しみが続く。これらは、まさに自律神経の失調をあらわしています。つまり、自分の身体なのに、もうコントロールが効かない状態です。

それから、痛みや変調が、視覚や、聴覚や聴覚や嗅覚にも及ぶことから、三叉神経などの脳神経などにも問題があることがわかります。ただこうした症状は深刻ではありますが、これらを、薬で治そうとするのは、何か間違った方向としか思えません。特に偏頭痛の場合、遺伝や体質が絡んでくると、それを改善する為に、多くの薬が処方されるケースが、非常に多く見られます。

逆に副作用として、「薬物乱用頭痛」といって、偏頭痛が、定期的な頭痛とするなら、こちらは慢性的な頭痛であったり、身体の乱調となったりしがちです。もうこうなってくると、患者さんは病院から病院へとたらい回しになり、医療従事者としても、もうどうすることも出来なくなってお手上げ状態になってしまうのです。

さいわい私の奥さんは、お薬嫌いで、いくら酷い偏頭痛でも、飲むお薬といえば、市販薬であるアスピリンくらいのものでしたから、完治できたのかもしれません。ところが、いくら痛みに効くからといって、鎮痛薬や、精神安定剤などを多用されますと、自然治癒能力の妨げになることが非常に多いのです。それから、多くのお薬の効果は、確かに即効性があることは確かなのですが、押さえ込もうとする力が強すぎて免疫力の妨げになっているのです。

私は長い間、この鍼灸治療に携わってきましたが、どんな酷い病気であっても、必ずはじめは、首こり肩こり腰痛から始まるということを知っています。ですから、偏頭痛ですといって見えられた患者さんであっても、訴えられる症状を聞きながら、それらに対応した治療を行なっていくのです。

鍼は、難しい病気を治すことも可能ですが、一般的には、患者さんが困っている症状を治すことで治療が始まります。首こり肩こり腰痛から始まり、お腹が痛い生理痛がひどい。こんな感じで、病気ではなく症状を治すことから始まり、体全体の症状を治していくのに用いられるものなのです。

しかし、治療していくうちに、わかってくることなのですが、鍼灸の治療は、どうも神経を通して痛んだ脳の修復をしていることがわかってくるのです。鍼が、偏頭痛にも効果を発揮しているのも、鍼の刺激が、脳幹という、人が生命を維持していくのに大切な働きをつかさどっている。最も大切な部分に関与していることがわかってきたのです。

自律神経の働きをつかさどっているのは間脳にあるといわれています。私が思うに、偏頭痛を患う患者さんの多くは、この間脳の働きに妨げがあるのです。でもそれさえも持続的な鍼灸治療は、その妨げになるものさえも修復し障害を克服してくれるのです。しかし、偏頭痛という病名がつく病気である以上、こころの問題もあり、そのことを説明するのは、簡単なことではないので、治療で必要な方にだけに治療の時にだけ直接お話しさせていただきたいと思います。

ただ、ひとついえることは、偏頭痛がいくら、体質や遺伝的な要素があるにしても、それは、恐れるに足りることはありません。そして、それを治せるのはお薬ではなくて、こころと身体に対応して治療できる鍼灸治療が、最もふさわしいようにわたしは思います。病気は、偏頭痛に限らず、治療者が、患者さんと向かい合って、こころと身体の両面からアプローチしていくことが治療において最も大切なことなのだと思います。
[PR]
e0167411_1347174.jpg

夜眠れないあなたに鍼灸治療をしてあげたい

夜になって身体は疲れているのに眠れないという患者さんは実に多い。仕事が終わったのに,気持ちは、緊張や不安から、終わったような気がしない。心労が積み重なって、慢性的な疲れはあるものの、昼間は、仕事中でも眠気が襲ってくる。それなのに、肝心の夜になるとなかなか眠れない。酷い時には朝方まで,起きていることがある。

こんな悩みを抱えている患者さんは、治療院をやっていると珍しくはない。じゃあなぜこんなことが起こるのか?不眠のほとんどの原因は、過労とストレスです。不安、心配、イライラ、怒り、後悔などこのような感情が、不眠症のもともとの原因なのです。

普通は、人間の身体は、昼間は元気に学校にいったり、会社で働いて、夜は、晩ご飯を食べて、夕べのひとときを、ゆったり楽しんで、床につく。布団の中に入ったら,朝までグッスリ熟睡できるのが普通です。でもベッドに横になっても眠れないというのは,自律神経の働きに,何か問題があるからです。

自律神経というのは、筋肉や関節などのように自分では意識してコントロールすることが出来ない神経の働きです。代表的なところでは、内臓器官などを動かす働きが自律神経なのです。ところで、この自律神経の働きには、昼と夜の二つのモードがあることをご存知ですか?聞いたことがあるかもしれませんが,交感神経と副交感神経が、その二つのモードを支えています。

昼間働くのを,交感神経といって、わたしたちが昼間学校で学んだり,会社で働きやすいように,脳や筋肉が働きやすいように血液など多く行き届くようにコントロールします。今度は夜になると、副交感神経といって、寝ている間,食べ物がうまく消化できるように、内臓器官などの働きが活発に行なわれるように,血液などが多く行き届くようにコントロールします。こうした昼と夜の二つの神経モードの切り替えが上手く働いて、人は健康な生活が営むことが出来るのです。

ところが、本来なら、夜は、脳は休んで,代わりに内臓器官が働かなければならないのに、横になっても頭だけさえてしまって、ついつい考え事をはじめてしまうというのは、完全に自律神経が、昼間の交感神経から副交感神経モードに切り替わっていない証拠なのです。それが、続くようですと,不眠症といわれる、病名が診断されてしまうのです。

現代人は、ストレスや心労がたたって、このように夜上手く眠れない。夜中に目が覚めてしまって眠れないなど不眠症を訴えられる患者さんが実に多いのです。

じゃあ何んで鍼灸治療が、不眠症に効果があるのかと言いますと。実は、鍼灸マッサージの治療というのは、みなさんの身体を、仮に昼間行なわれたとしても、自律神経の働きを、リラックスさせることで、副交感神経モードに変更させることなのです。マッサージが眠くなるとか、鍼灸が眠くなるというのも,その働きによるものなのです。

首こり肩こり腰痛と、とかくストレスから、夜眠れない人の多くは、この切り替えが上手く出来ない人なのです。これを更に詳しく説明させてもらいますね。自律神経というのは、実はコントロールしているのは、脳の脳幹の中にある、間脳というところなのです。自律神経と言っても,この間脳の働きが,上手くいっていれば、自律神経は正常に働くのですが、それが上手くいっていないから、このように,夜眠れないという症状が、頻繁に起こるようになるのです。

鍼は鍼灸師がツボに打つことで,その刺激を、脳に届けます。そうすると,脳からベーター、エンドルフィンという神経伝達物質が、脳から出ます。その物質が、痛んだ脳を修復させて、正常な働きにもどしてくれるのです。だから、鍼灸治療は、不眠症で困っている患者さんを治してくれるのです。精神安定剤も睡眠導入剤も薬も何もいりません。

実はどのような自律神経が障害になって起こっている病気も、最初は,みなさん首こり肩こり腰痛などの症状を訴えられます。これをきちんと治してあげることで、夜もグッスリ眠ることが出来ます。不眠症も、「自律神経失調症」などのややこしい病気も治療で克服することが出来るのです。シンプルですが、実に効果があります。

あなたも、鍼灸治療を一度受けてみてはいかがでしょうか?きっと良く眠れるようになると思いますよ。私も夜眠れないあなたに、鍼治療がしてあげたいです。
[PR]