タグ:指圧鍼灸治療 ( 5 ) タグの人気記事

e0167411_22542262.jpg

免疫力(自然治癒力)を高めてくれる素晴らしい指圧鍼灸の治療の効果

今年、6月1日で八倉治療院も9周年を迎えました。もう10年目を迎えています。昔よく師匠から、「決してどんなことがあっても、患者さんに『あなたの病気を治してあげます』というようなことを言ってはいけませんよ」と言われたことをよく思い出します。

それは、多分「病気を治すか、治さないかは、あなたが決めることではないからです」というようなことを、師匠は、仰りたかったんだと思います。また更にいうなら、これも師匠の口癖なのですが、「わたしたちは、あくまで神様のお手伝いに過ぎないからなんです」というような言葉が、付け加えられていたような気がします。

本当のことを言うなら、病気も症状も、神様からメッセージとして引き起こされていたものです。それをわたしたち治療者が、勝手に、『治すとか、治さない』という次元のものではないからです。何が難しいていうか、いっぱいありすぎてよくわかりませんが、このことを理解するのは、相当難しいことでした。

これを理解するのにおそらく、私は10年くらいの歳月を要したような気持ちさえするのです。治療の世界って、それほど深くて難しいものだって、思ってもらえてもかまわないと思います。

じゃあ、わたしは、この10年くらいの歳月で、治療の何を学んだかといえば、わたしの行なっている指圧鍼灸の治療というのは、ひとことで言えば、免疫力=自然治癒力を、引きだすこと。あるいは高めてくれることなんだなって、わかってきたことなんです。

そこが、西洋近代医学と、指圧鍼灸治療の大きな異なる点ともいえるものです。西洋医学の、科学的に体系づけられた、とても素晴らしい医療です。現代医学の主流であることは間違いありません。ただ、わたしが、あまり好きになれないことがあります。それは、西洋医学の治療は、病気との闘いなのです。勝つか負けるか、死は、医療の敗北です。病気を治してこそ、そこには、勝利があるのです。

ですから、お医者さんは、「病気を治す」って平気でおっしゃいます。実は、薬で一時的に抑えただけであっても、「病気を治した」っておっしゃいます。でもそれは、大きな間違いだって、わたしは思うのです。

そこへいくと、この指圧鍼灸の世界は、とても気楽なところがあって、病気や症状が良くなっても、「治した」とはいえません。病気を治しているのは、患者さん自身の身体であり、患者さんが本来持っている。免疫力(自然治癒力)なのです。あくまで、指圧も鍼灸も、どんなに効いたとしてもお手伝いに過ぎないのです。

薬も使いません。薬を使わないので、副作用もありません。そして、何よりもいいのは、生死をかけるほどの医療過誤もないのです。ただいくら、指圧鍼灸の決めては、患者さん自身の身体と免疫力そのものだっていっても、誰でも、それをひきだせるのかといえば、それは、相当な、高次元のパワーとエネルギーを持った治療者でないと、なかなか、それを引きだせるところまではいたらないことも事実なのです。そこがこの世界の厳しいところなのです。

また、医者が相手にしているのは、身体といい、細菌やウイルスという、病原体であっても、機械を駆使すれば、実は目に見える身体という肉体なのです。ところが、指圧鍼灸の治療は、相手は、目に見えない世界のものばかりです。使えるものといえば、鍼とか灸とか、自然にある素材を、加工した、超シンプルなものだけ。後は.すべて、人間の手だけが、たよりなのです。

どちらも、知識と臨床経験がものをいう世界ですが、決して、指圧鍼灸の治療が、西洋近代医学に劣るものではありません。わたしは、10年目を迎えた今こそ、こうした免疫力(自然治癒力)を高めてくれる素晴らしい指圧鍼灸の治療の効果を、まだご存じない、世間の皆様に、治療の世界を通して広めさせていただきたいと思っているのです。
[PR]
e0167411_22221265.jpg

029.gif治療が進化するほど、患者さんにやさしい治療になっていく


八倉治療院も8年目を迎えていますが、開業した当初から比べると、治療スタイルも治療方法もすごく変わりました。今でこそ鍼治療に力を入れていますが、私が初めて取り入れて行なった治療は、指圧でした。

もちろん師匠が指圧の先生だったということもあり、私の中では、最初から「指圧」って、特別なものだったんです。それに、最初は、鍼やお灸は、わたしには、とても難しいものだったんです。だから、専門学校の学生だったころは、「指圧」だけでもものにしておきたい。正直いいますと、そう思っていたんです。

だから、指圧の実技の授業は、必死でした。もちろんわたしの場合は、はじめから師匠がいるので、他の学生のように外で修行は、考えていませんでした。はじめからこれ1本で、開業して食べていくつもりでしたから。これだけは、授業中も必死で治療の組み立てを考えていました。3年間で、ものにできるようにしようと考えていたんです。

だから、開業した1年目から、いきなり、肩こり腰痛は、普通にこなしていたし。難しいといわれている「座骨神経痛」だって、平気で治療できたんです。それに信じられない話しかもしれませんが、どの治療院でもやっていなかった、「大腿神経痛」さえも、わたしには、治療できてしまっていたんです。

ただ、わたしの当時の指圧って、すごくひびくし、効果は抜群なんですが、ひとつ欠点がありました。それは、患者さんからすると、すごく痛かったんです。相当、荒療治だったんですね。もちろんよくなっていく時には、痛みもサート退いていくのですが、その過程が、中には耐えられない患者さんもいたことも認めます。

わたしは、八倉流の指圧マッサージを完成させるのに5年の歳月を費やしました。それから、今のような指圧鍼灸治療に取り組んだのは、ここ2〜3年のことなのです。指圧から鍼治療に移行するのには、ほとんど抵抗はありませんでした。なぜなら、治療ポイントのツボが同じだからです。わたしの鍼は、指圧をやったことで、更に上達できたのです。

学校の授業や研修会も大切ですが、実際に患者さんの身体に教わるといいますか、「臨床(りんしょう)」ほど勉強させてくれるものは、他にはありません。それで鍼をうつポイントを覚えていったんです。最初から「経絡経穴(けいらくけいけつ)」ありきではなかったのです。ですから、わたしの鍼は、より実践的です。

でもなぜ、今のスタイルに変わっていったのには理由があります。やっぱり治療でいくら結果を出しても、患者さんに、苦痛や痛みを感じさせてしまってはいけないんですね。たとえ、いくら重症な患者さんほど、痛みが強く、全面に及ぶものであったとしても、いかに楽に治療できるかが、もうひとつの治療家としての腕の見せ所だともいえるのです。なぜなら、痛みで治療を投げ出す患者さんが減ることは確かなのです。

そのために不可欠なのが、鍼でした。不思議の思う方もおられるかと思いますが、鍼は、痛みという点では、指圧やその他の手技に比べて、はるかにやさしい治療といえるのです。

でもわたしは最後まで指圧を捨てることはしませんでした。多分それはこれからも変わらないと思います。指圧の持つ。治療即検査であり。治療即効果の確認だと言えるからなんです。だから、これを鍼を打つまえと打った後の効果の確認としても使えるという。しかも、治療する方も治療される方も、効果が実感できるという治療が、指圧鍼灸治療なのです。だから、最強かつ最高のコンビが指圧鍼灸治療だとわたしは考えるようになったのです。

でもそれは、単なる治療の進化というより、あくまで臨床を大切にしてきた治療家が、目指した患者さんにやさしい治療の結果だったとわたしは思っているのです。
[PR]
029.gif 鍼は、はじめは痛くても後からだんだん気持ちよくなる
e0167411_1249401.jpg


「鍼って痛くないんですか?」ってよく聞かれるんですが、何とも答えようがないんですね。もちろん「痛いですよ」なんて答える鍼灸師は誰もいません。でも誰でも痛くないかと言えば、そういう訳でもありません。症状があって、その症状が重症な人。あるいは、病気がちな人。そういう人は、鍼がすごくひびくんです。それを痛みと捉えたら、簡単に、「痛くはないですよ」とは、答えられないのです。ただ、もう熟練した鍼灸師は、若葉マークの鍼灸師とは違って、めったに「切皮痛(せっぴつう)→よじれた皮膚に鍼を入れた瞬間の痛み」を起こさせることはありませんから、そういう意味では、「痛くないですよ」って答えられます。

では、「困っている症状が、ほとんどない人。健康な人は、痛くないんですか?」という質問もあるかと思いますが、それに対しては自信を持って、「痛くありません」と、お答えすることができると思います。ということは、「鍼の特有な『ひびき』というのは、症状を改善するための、ひとつの過程であるということがいえるのです。

そうですよね。治療を重ねていくと、「痛い」と思う箇所が、どんどん減って、最終的には、どこに鍼をうたれても、痛くなくなる。むしろ、脳から「ベーター・エンドルフィン」は、出ているわけですから、眠くなったり、気持ちよくなったりするわけです。不思議な感じですよ。はじめ重症だった患者さんが、「痛い。痛い」っていっていたのに、いつの間にか、回数を重ねていくうちに、「気持ちがいい」という前に、眠ってしまっているのですから。身体は正直です。

だから、これからは、「鍼って痛くないですか?」って聞かれたら、「鍼は、はじめは痛くても後からだんだん気持ちよくなりますよ」って答えるようにしようと思うんです。これなら、どういう患者さんにも、対応できる答えではないかと思うんですね。

と言うと、これもよく患者さんに聞かれることですが、「いつまで通ったらいいですか?」という質問ですが、それは、患者さんの症状にもよりますが、目安として、患者さん自身が、「鍼が痛くなくて気持ちよくなってきた」というところまででいいんじゃないでしょうか?そうすれば、患者さん自身にもわかるし、何よりも納得してもらえるのではないでしょうか?

この指圧鍼灸治療のいいところは、いろいろありますが、治療するほうの私たちにも、患者さんの状態がよくわかるし、治療を受ける患者さんにも、ご自分の体の状態が、よくわかってもらえるということです。ですから、初診のとき、ひびきがきつ過ぎて、「鍼は痛い」ものと決めつけて、やめてしまわれる患者さんが、まれに見られます。でも、そうではなくて「鍼は、はじめは痛くても、後からだんだん気持ちよくなる」ものなんだということを、しっかり認識していただきたいのです。治療者も、そういう説明を、患者さんに、しっかり説明させていただく必要があると思います。もし私の説明で納得いかない場合は、「論より証拠」といいますから、一度体験されたらいかがでしょうか?いつでも歓迎しますよ。

e0167411_13335710.jpg

これは昨年のクリスマスに飾られた八倉治療院のでスプレーです。この場を借りて、お見せしますね。
[PR]
029.gif指圧鍼灸治療がペットロスの患者さんを助けます!
e0167411_8422845.jpg


たぶん3年ぶりくらいでしょうか、めずらしい患者さんから電話をいただきました。でも電話口のAさんは元気がありません。聞いてみると1週間ほど前に愛犬をなくしたそうです。その愛犬ネネちゃんは、犬種はシーズーで、治療の時にAさんが、よくつれてきてくれたのでよく知っているワンちゃんです。とても可愛いワンちゃんで、Aさんに会えるのも楽しみでしたが、お供のネネちゃんに会えるのも、すごい楽しみでした。だから、その訃報には、正直ぼくらも、ショックを受けました。

愛犬は、人間にとっては、良きパートーナーであり、家族も同然です。そういうぼくらも7年ほど前までは、ゴールデンレトリバーを飼っていました。名前はパクといって人なつこい、おとなしい、いい子でしたから、患者さんからも人気で、よく治療の時には、治療室で横になっては、ぼくが患者さんを治療している様子をよく見ていました。その愛犬がなくなってからもう7年もたっているのに、パクのことは、忘れたことがありません。夫婦の会話でもどうかすると、パクのことがつい昨日のことのように出てきては、時にはたまらなく恋しいときがあります。

ですから、愛犬をなくしたAさんの気持ちは本当によくわかります。「家にいると、ネネちゃんの匂いと、手に触れたあの感覚が、忘れられなくて、とても悲しい」と言います。「ペットロス」というのは、経験したことがある人ならよくわかると思うのですが、本当に悲しいです。愛犬のことが、片時も頭から離れません。まるで全身の力が抜け落ちてしまったようで、ため息ばかりが出てしまい。その子の思い出話をしながら、自然と涙がこぼれてしまうのです。

かわいそうなAさん。でもこんな時よく、八倉治療院を思い出してくれたなって思いました。人間の体は、「心身一如(しんしんいちにょ)」つまり、「こころと体は、つねに一体です」こころがつらい時には、からだもつらいのです。ストレスの中でも、愛するものとの別れは、最高のストレスなのです。もう触診しなくてもわかっていましたが、Aさんのからだも、左右の足の長さが違っており、右足に比べ左足が1センチほど短くなっていました。もうこれは、本人からすれば、「からだがつらい」という自覚症状がうまれる段階であり、こうなると、自然治癒力も低下して、なかなか自分ではどうすることもできない状態です。

ですから、こういう「ペットロス」や「人との別れ」もこれと同じです。一段落ついたら、少し休養をとって、わたしたちのような治療者にからだをゆだねてほしいのです。「心身一如」の言葉が示す通り、もしからだを癒すことができれば、こうしたこころの問題も少しは楽になるからです。実は、悲しみながら、涙を流すことも、人間にとっては、かけがいのない癒しのひとつです。だから、四十九日の間は、なくなった子のためにも、おおいに泣いてあげてください。でもあまりにも、その悲しみが深い時には、なくなった相手も悲しみます。からだは亡くなって見えませんが、魂は、いつまでもあなたと共に存在するのですから。
[PR]
029.gifこれからは指圧鍼灸治療の発展のために!

e0167411_11491933.jpg


今年の夏、東海医療専門学校を卒業して7年目。ということで初めての同級会が、三島で行なわれた。久しぶりの同級会ということで、クラスの半分以上が出席して、大盛況だった。クラスの大半は新卒の若いメンバーだっただけに、7年の歳月は、それぞれの近況に、大きな変化をもたらしていた。女性の多くは、新しい姓に変わっていたし、妊娠ということで出席できない同級生もいた。また、お子さんが小さいということで、お子様連れの同級生もいた。それぞれに近況の変化があるようで、尽きぬ話に会場は賑わった。

その情報交換の中で、気になる話題をいくつか披露したい。その中でまずはいい話題から。同級生の何人かが集まり、ひとつの治療院を経営している。もちろん在宅の仕事も含めて、大規模な治療院に発展していた。また、治療院の経営者として、成功を収め、二つ目の治療院の経営も手がけているという社長さんもいた。また、美容関係でマッサージの腕を磨き、東京の六本木でフェイッシャルマッサージのスペシャリストとして活躍している同級生もいた。または、専門学校で、今度は教師として、教えている立場になって活躍している仲間もいて、それぞれの活躍発展ぶりに、目を見張るものがあった。

ところが一方で、せっかく治療院を立ち上げて独立した仲間が、経営難に陥り閉院した。あるいは、在宅でやってきた会社組織に勤めていた人が、競争が激化したことが原因で、倒産してしまい。そのままリストラされてしまった人。あるいは、生活のために、副業までやってやりくりしてきたのに、いつしか、本来の鍼灸マッサージ師の仕事から、まったく無縁の仕事を始めることになった人など。鍼灸マッサージ師の世界も、一般社会と同じように、リストラや廃業などの、現代社会がかかえている問題と、無縁の世界ではなかった。

こういう話は世間でもよくある話だが、ちょっとわたしは、悲しい気持ちがわいてきてしまい。こころの中で、無念さを味わった。なぜなら、この専門学校の3年間は、ちょっと今までの学生生活とは違う3年間だったからだ。わたしは、今まで小中大学といろいろ学生生活を歩んできたが、この医療系の専門学校は、学生の雰囲気が今までとは違うと思っていた。みんな少しずつ目標に違いがあることは確かであったが、校風として一様に「困っている人を助けてあげたい!」という熱い志しを見たし、情熱のようなものを感じていた。だから、少数精鋭の厳しい勉強や臨床実習にもみんなよく絶え、がんばってきたという思いが、忘れられないいい思い出として、わたしの記憶の中にある。だからこそ、「みんなその熱い思いが、達成されてほしい」と思い。それを願い続けていたからだ。

でも現実は、本当に厳しい。「整体」という名前で、無資格の業者が、わたしたちの職域を荒らし、競争を激化させているし。在宅介護にしても、医療費が国家予算に莫大な赤字を生み、健康保険や介護保険などに厳しい制限が加えられているからだ。そうなると、競争が激化し、ますます、共存が難しくなるという状況は深刻化していくばかりなのである。現代社会には、矛盾は多い。それらの矛盾が解決されれば、理想社会が訪れるかといえば、一概にそうはいかないことはわかっている。でも現状としては、あん摩指圧マッサージ師・はり師・きゅう師としてやっていく以上、個人のたゆまぬ努力と、仲間のみんなと助け合いが必要なのである。

みんな働いている状況は、病院・整骨院・鍼灸院・治療院・在宅介護グループとそれぞれ違っているが、毎日毎日は、必死なんだと思う。こうして1日でも時間を割いて、「同級会」のために集まるのも相当な努力をして時間を割いてきているに違いない。みんな一人一人が、こんなにがんばっていても、それを認めてくれるくらい社会は甘くない。そういう中で「鍼灸指圧マッサージの治療」が、これから社会に認められていくためには、実績を積み重ねていくしかない。そのためにも、仲間の中で優れた臨床成果を納めているものがいたら、それを盗んでもいいから自分のものにし、個人でなく、みんなで臨床での力を蓄え、結果としての成果を高めていくしかない。卒業して更になお、わたしたちには、そういう自乗努力が求められている。これからは、指圧鍼灸治療の発展のために、自分自身もさらに研修を積み、惜しみない協力をしていこうと思っている。
[PR]