タグ:脳科学 ( 4 ) タグの人気記事


「脳が治すのを諦めたとき、脳は同時に治すのをやめる」

久しぶりのブログです。最近は、ずっと更新ができませんでした。でいきなりこんなに難しいタイトルですが、とても気になるタイトルに挑戦してみようと思います。

わたしも鍼灸師としてこれまでも、多くの方の治療をやらせていただいてきました。その治療体験は実に貴重なものだったと思っています。わたしの臨床経験からいって、明らかに、「やりにくい患者さん」というのは、これまででいうと、ふた通りのパターンがあります。一つは、もうすでに手術をされている患者さん。もう一つは、これまでにたくさんの薬を処方されていながら、症状の改善が見られなかった患者さんです。

もっとも、そのいずれもうまくいって、病気なり、症状が良くなっていれば、わたしどものような治療院へはやってこられなかったはずですから、こういう患者さんに出会うことは、そんなに滅多にはありませんとは言い切れません。

もちろん、お話を聞いた上で、これは、私が出る幕ではないと判断した場合は、丁重にお断りしているので、ほとんどの場合、幸いにも、これまでは、苦戦を強いられることはあっても、治癒することが、不可能だと感じたことは、ほとんだありません。もちろん、鍼灸治療というものは、「治す」というのは、私が直しているのではなくて、患者さんが、もともと持っておられる、自然治癒力とか免疫力なのであって、わたしのやっていることは、ただ、それを引き出させてもらうお手伝いをしているだけなのです。

ところが、本日のタイトルである言葉は、わたしが最近、師匠にご指導されている時に、ちょっと気になったお言葉だったのです。そういえば、わたし自身も、やりにくいというより、絶対にはじめから、ダメだと思うのが、初めから、ご自身が、諦めていらっしゃる患者さんなのです。

わたし自身、鍼灸の治療は、西洋医学のように、強制や強引さは、一切ありません。いつも治すか直さないかは、患者さんの判断一つにかかっているのです。あくまでもそれをお手伝いさせてもらっているのが、私たち鍼灸師の仕事なのです。

ただ、師匠のいわれる「脳」という言葉には、とても深い意味があるように感じました。私の治療院へ見えられる患者さんの多くは、「ハリ」というのは、とても不思議な、治療のように感じられるようです。さっきまで痛かった部位が、ハリを打つことで、あっという間に、その痛みが消えてしまうのです。それを目の当たりに経験された患者さんなら、きっと驚かれて当然だと思うのです。

体験されたことがない方には、いささか不親切な説明になりますが、鍼は、神経を通して、脳を治療するとても進んだ治療法なのです。これが、紀元前前から行われていた伝統医療だとは信じがたいものなのですが、ある面とても神秘的な治療法でもあるのです。

でもここで大切なのは、脳の働きが、すべて治癒するかどうかのカギを握っているということです。「諦める」というのは、脳が可能性を拒絶することに変わりはないのです。ですから、初めから、わたしたち鍼灸師は、「わたしの病気は治りますか?」と懐疑的におっしゃられる患者さんには、積極的には、説得はしません。「どうしても辛くてて困っています。助けてください」ここまでおっしゃられる患者さんでなければ、あえて、困難な治療に取り組む意欲は湧いてこないのです。

でもあえて、人のこころと身体を知れば知るほど。人間の脳の働きを知れば知るほど、「諦めてはいけない」ということの重要性を理解するようになるのです。

「諦めたくなる」という気持ちも、私にはわからないわけではありません。本当に世の中には、よくわからないほど困難な病気や症状というものは、山ほどあります。何度も治療しようとしてやって努力すればするほど。その困難さに辟易(へきえき)してしまう気持ちもよくわかります。

「お金もかかります。時間もかかります。治るという保証もない治療に、誰が本気になるものですか?」そういう患者さんの本音が、聞こえなくても聞こえてくるような気がします。でもあえて言わせてもらえるなら、私はこう考えます。

「心身一如(しんしんいちにょ)」病気を治すことは、自分自身のこころや生き方そのものを考え直し、「こころが変わること」「カルマを変えること」につながっているのです。多分、人間の生き方で、最も尊い行いの一つだと言えるのではないかと信じています。

「私たちの身体は、実は、わたしたち自身のものではありません。神様からお預かりしている、この世で最も大切なものなのです」そういう師匠のお言葉が、私には聞こえてくるのです。

ですから、いつどのような場合でも「諦めてはいけないのです」
[PR]
e0167411_12212199.jpg

029.gif 鍼刺激を脳に届かせることでオールラウンドな治療が可能になる

鍼の治療効果に驚かれたある患者さんに質問されました。「どうして鍼は、オールラウンドなんですか?」本当にそうですよね。実際治療しているこのわたしでさえ、あんまりいろんな症状に対して治療効果を発揮してくれるんで驚いています。実際どうなんでしょう?

わたしは、経験年数から言って、たいした臨床経験があるわけではないのですが、それでも、いろんな症例をやらせていただきました。その中で、わたしが本当に驚いてしまった症例をいくつか紹介させてもらうことにします。

☆鍼治療がオールラウンド効果を発揮したいくつかの症例

1、今まで一度も解消されたことがないという人の肩こりが治った。
2、五十肩で服も自分で着替えられなかった人が、両腕あげられるようになった。
3、ぎっくり腰で、トイレに行けなかった人が、補助なしで歩けるようになった。
4、ほとんど出血がなかった女子高生の生理が、治療後に普通の生理が始まった。
5、花粉症が治った。
6、メニエール病が治った。
7、逆子だった赤ちゃんが正常に戻った。
8、医者による長年不妊治療が、うまくいかなかった女性が妊娠出産した。
9、妊娠中のむずむず足症候群が治った。
10、噛み合わせが悪く顎がガクガクするのが治った。
11、うつ病が治った。
12、ヒステリー球(梅核気)が治った。
13、神経痛(座骨神経痛・大腿神経痛・三叉神経痛)が治った。
14、交通事故によるむち打ち症が治った。
15、頸肩腕症候群が治った。
16、胸郭出口症候群が治った。
17、椎間板ヘルニアが治った。
18、偏頭痛が治った。
19、運転する時にメガネ条件が、制限がなくなり、メガネまで必要がなくなった。
20、不眠症だった人が、睡眠薬なしで眠れるようになった。


これは、思い出すままの、ほんのわずかな症例に過ぎません。実際には、もっともっと、きりがないくらいにあげられます。これだけでも、患者さんが言われるように、鍼治療の特徴は、「オールラウンド効果」であることは、間違いありません。少なくとも、わたし自身と患者さんの間では間違いがない事実です。

ではいったい、「なぜ鍼治療は、オールラウンド効果が可能になるのでしょうか?」わたし自身は、それは、人間の脳に鍼刺激を届けることで、脳自体が「ベーターエンドルフィン」という神経伝達物質が出ることで、痛んだ部分を、修復しているのではないかと思うようになりました。実際そのことに気づいた時には、わたし自身も驚きました。

だって、鍼灸師であるわたしが、脳を治療しているなんて大それた考えをはじめから持っていたわけではありません。わたしもはじめは、誰でもそうであるように「肩こり腰痛」のコリの治療からはじめたものです。ところが、治療をやっていくうちに、あるとき「痛みは、すべて脳で感じている」ということに気がついたのです。治療しているのは、筋肉でもなく、神経でもなく、脳なのです。

「肩が痛い。腰が痛い。膝が痛い」そんなふうに患者さんは言いますが、実際にはその痛みというのは、本当は、みんな脳で感じているのです。その証拠に、腰が痛いという人に、まったく、その腰に触れることなく、腰痛を治療することは、鍼治療では可能なのです。また、肘を治療することで、痛んでいる膝を治療することが可能なのです。

ですから、わたしたち鍼灸師は筋肉や神経を治療しているかのように見えるかもしれませんが、本当は、「ひびき」という鍼刺激を脳に届かせることで脳自体を治療することが可能になったのです。これは、脳科学が進んできた今日現在、とても大それた発言であることは、わたしも重々、承知の上です。しかし、この鍼治療というのは、人類史上、最も歴史が古い医療でありながら、実は脳科学にもとづいた最先端の医療なのかなっていう気がしています。
[PR]
029.gif セロトニン不足はうつ病にもなるしキレやすくもなる

☆日本経済新聞11月30日夕刊・「キレる中高年男性目立つ・脳内物質も関係か?」について考える。
e0167411_9561458.jpg

e0167411_9564968.jpg


029.gif 日ごろストレスを感じてる中高年男性や「うつ病」に悩む人には、「セロトニン」を分泌するために運動・日光浴・ふれあいプラス鍼灸指圧マッサージの治療が必要なのです。


 先月、日本経済新聞11月30日夕刊に「キレる中高年男性目立つ・脳内物質も関係?」という記事を見つけました。わたしは医療に携わる人間として、「脳内物質も関係か?」という見出し以下の記事は、特に見逃せませんでした。わたしがこれまでも注目していた「セロトニン道場」と、その主催者である、セロトニン研究の第一人者、東邦大学医学部の有田秀穂教授の意見が書かれていたからです。写真では、見にくい方もいらっしゃいますので、わたしが注目した文章を書き出します。

 「有田秀穂教授によると、この物質(セロトニン)は、衝動や攻撃性を抑制する作用があり、不足すると感情の起伏が激しくなって、ささいなことでもキレやすくなるという。……」あれと思われた方も多いはず。わたしもその一人です。有田教授といえば、「うつ病」の権威です。「うつ病」といえば、セロトニンの不足からおこる病気だということがいわれています。でも、そのうつ病と「キレる中高年男性」のイメージは、なかなか結びつきません。うつ病患者の特徴は、「無気力」「倦怠感」「疲労感」「脱力感」そういうイメージです。そして、うつ病患者は「自殺の恐れ」があり危険もともなう。これが、一般的な、「うつ病」のイメージではないでしょうか。

 ところが、よく考えると、これはおかしなことでもなんでもありません。少なくともわたしたちのような東洋医学を学んだものにとっては、「陰陽論」の解釈からすぐにわかることなのです。陰陽論は、相反する二つのものが同時に存在する「二元論」の世界です。「攻撃性」と「無気力」は、一見、相反するようですが、陰陽論から見れば、同一種類の事柄です。つまり、「攻撃性」と「無気力」は、一見、相反するように見えますが、実は同じもとからから発生している事柄なのです。その証拠に、「うつ病」のひどい兆候として「自殺」があります。これは、「攻撃性」が他者ではなく「自分」に向けられたかたちに違いありません。方向が変わっただけのことです。

 もうひとつの証拠として、「殺人犯」のことがよくニュースに取り上げられます。ところが決まってよくいわれることは、まさかという人が「殺人」を犯すことが多いのです。どちらかといえば、普段はおとなしく、あまり目立たない人。「この人が?」と思われるような人が、犯人だったりするのです。これは、「攻撃性」からだいぶ飛躍していますが、これも、「陰陽論」でいう、相反する二つのものが同時に存在する「二元論」の世界なのです。

 ですから、話題をもとにもどしますが、「セロトニン」という神経伝達物質は、人間の脳から産出するもので、衝動や攻撃性を抑制する作用があるものです。それが不足すると、感情の起伏が激しくなって、ささいなことでもキレやすくもなるし、同時に、落ち込んで、無気力にもなってしまうのです。どういうふうにでるかは、「神のみぞ知る」という感じです。つまり、自分自身にも誰にもわからないのです。

 新聞の記事の中でも、有田教授はセロトニンを分泌すを活発にする方法として、次のように述べています。「『運動・日光浴・ふれあい』の3つの要素を積極的に日常生活に取り入れてみてはどうだろう」しかし、教授は、もうひとつ大切なものを忘れています。その大切なものは何かといえば、わたしたちのような指圧鍼灸師が行なっているような「治療」です。この治療によって、脳から「セロトニン」が分泌されるのです。そのことを決して忘れないでください。

☆このブログから「セロトニン」に興味を持たれた方は、わたしのブログから「セロトニン道場」にリンクしてみてください。また、もう一度有田秀穂教授の「セロトニン」についてインタビューをごらんになりたい方は、こちらをクリックしてください→セロトニンとは
[PR]
☆日本経済新聞(夕刊)2011年11月30日 らいふプラスより
e0167411_1549566.jpg

 
029.gif セロトニンが少なくなると中高年の男性はすぐキレる


 一昔前なら「キレる!」といったら、中高校生の専売特許だった。ところが最近は、「お父さんや、おじいさんくらいの中高年の男性」が、よくキレるらしい。そういえば、駅・空港・病院などでキレて激高しているお父さんやおじいさんをたまに見かけることがある。「なるほどなあ」という気がしないでもない。しかし、どうして、お父さんやおじいさんぐらいの分別のあるはずの人たちがこうも簡単にキレてしまうのだろうか?

 それはどうも今の世相を反映しているらしい。世の中が景気のいい時は、何もかも上手くいく。お父さんくらいの人は職場でも社会においても尊敬されていた。「この人についていけば間違いがない」そういう思いが社会や家族の誰の中にもあった。ところが歯車が一歩道を外れてしまい。今のように不景気になると、がらっと世の中の風潮は一遍に様子が様変わりする。お父さんの威厳や尊敬はなくなり、会社は、年老いた大人からリストラされていく。そうするとお父さんの社会や家での地位や居場所はなくなってしまう。家でも社会でも軽蔑こそされ、尊敬の対象ではなくなってしまったお父さんやおじいさんが、社会ではいっぱい氾濫している。かってはあったはずのお金や権力もなくなってしまった中高年の男性。

 そんな中で、唯一尊厳をかろうじて保てる場所があるとしたら、それは、わずかなお金で、「お客さん」として尊重される居場所。それが、電車の乗客や日帰り温泉のお客さんとなったり、または、病院で患者さんとなった時ぐらいの状況である。そうした立場になると、お父さんやおじいさんの態度は豹変する。急に威張りだすのである。ところが、意外にも自分の立場やプライドを傷つけられた時や、尊重されなくなったときは大変なことになる。いままで軽視され自信喪失していた気持ちや、対話能力も低下していた事実もあって、フラストレーションや怒りが、一気にこみ上げてきて、こうした行き場のない激高となる。こんな時に、「怒れるお父さん」「怒れるおじいさん」の姿に豹変してしまうようだ。これが、現代社会に現実に起こりうる。何とも哀しい、何とも寂しい現実のお話なのである。


029.gif 「セロトニンという脳内物質も関係か?」


 しかし、こうした社会現象は、別にして、わたしたち医療関係に携わるものとしては、見過ごすことが出来ない問題がある。それについては、日経新聞11月30日の夕刊の記事をそのまま抜粋することにする。

「脳科学の観点からの分析もある。人間の情緒尾を安定させる脳内物質のセロトニン研究の第一人者、東邦大学医学部の有田秀穂教授によると、この物質は衝動や攻撃性を抑制する作用があり、不足すると感情の起伏が激しくなって、ささいなことでもキレやすくなるという。「分泌を促すには運動、日光浴、ふれあいの3要素が大事。デスクワーク中心の現代人は問いようの光を浴びずに、机に向かう時間が増え、同僚と赤じょうちんで一杯という機会は減っている。不足するのは当然」と語る。
 有田教授はセロトニンの分泌を活発にする運動療法の実践の場所として、「セロトニン道場」を都内に開設している。受講生の中には中高年男性の姿も目立つ。こうした教室に通わなくても、日ごろストレスを感じている中高年男性は、「運動・日光浴・ふれあい」の3つの要素を積極的に日常生活に取り入れてみてはどうだろう」(日経新聞11月30日夕刊らいふプラスより)



029.gif キレる中高年の男性の現象はうつ病の裏返し

 セロトニンの不足は、うつ病の原因であるということがよくいわれています。わたしたち東洋医学を学んだものは、「陰と陽」ということについてよく学んでいますから、性格は違っていても、それが、いくら裏腹な現象ではあっても、同じ病気から発生していることがすぐにわかります。多分こうして「キレる中高年の男性」こそ普段の生活では、無気力でいつも生きることに苦しんでいる「うつ病」を持った患者さんであることが、容易に理解できるのです。特にこうした症状をかかえた男性は、多くの女性の場合のように、昼間太陽の下で友人や家族と散歩をしたり、スポーツジムに通って汗を流したり、わたしたちが行なっている治療院などで、体をケアーすることなどは、まったく無縁な生活なのです。せいぜい考えることは、お酒を飲んで、一日のうさを晴らす、体の症状をお酒の勢いで紛らわせてしまうことが多いのです。それが証拠に、市町村で行なうスポーツ教室も治療院での患者さんも圧倒的に多いのは女性です。そういう意味では、わたしたち中高年の男性は、「ライフスタイル」そのものをチェンジすることを考えてみる時期に来ているのかもしれません。
[PR]