e0167411_23411672.jpg

「風邪をひく時には、しっかりひく」これが一番の対処法です

正月が過ぎた1月2月は、本格的な風邪のシーズンです。学校は風邪のために学級閉鎖が行なわれたり、職場でも、風邪による早退や、欠勤なども多く見受けられます。電車の中も、街ゆく人々も、まるでマスクマンばかりが増えていき、風邪の季節の到来を日に日に感じられるようになってきました。

もし風邪をひかない人がいたら、それは素晴らしいことです.なぜなら、免疫力が高いことの証明でもあるのです。免疫力と言うのは地味ですが、このような時に発揮します。学校では卒業式の日には、皆勤賞という変な表彰が行なわれます。でもわたしは、皆勤賞と言うのは、今までは、こころの中では、どこかバカにしてきました。風邪をひかないと言うことが、非人間的な感じに受け取られたからです。

でも、わたしは、医療の道に進むようになって、初めてその意義が理解できるようになって、その価値がわかるようになりました。皆勤賞と言うのは、免疫力が備わっているからこそできる偉業なんだと言うことが、理解できるようになったのです。やっぱり、表彰してあげてもおかしくないくらい素晴らしいことなのです。

でもやっぱり、冬になれば、細菌やウイルスが、発生しやすいことは確かで風邪をひいいてもちっともおかしくはないのです。でも、注射や薬で、治したつもりになって、学校にいったり、会社に出勤したりする風潮は、あんまり好ましい対応とは言えないと思っています。

人は風邪をひく時には、熱が出ます。発熱、発汗がおこります。鼻水が出たり、咳が出たり、場合によっては、下痢や嘔吐が怒る場合があります。実は、注射や風邪薬は、これらの症状を抑えるためのものです。でもこれっておかしくありませんか?

人が発熱するのには理由があります。それは、風邪の病原である、最近やウイルスが熱に弱いことがわかっているから、退治するために敢えて発熱が行なわれているのです。発汗が行なわれているのは、最近やウイルスが退治された後に熱を冷ますために発汗が行なわれているのです。

また、発汗や鼻水や下痢や嘔吐には、共通していえることがあります。それは、排毒が、身体の中で行なわれているのです。身体は、代謝を高めるために、身体に余分なもの、決して有益でないものを体外に出そうとする性質があります。それが老廃物です。しかし老廃物は、ただいらないものというものだけではなく、いっしょに毒素も入れて体外に排毒しようとしているのです。

人間の生きていくために必要な働きを、「生理」といいます。だから、風邪をひくことでおこなわれている生理現象は、まさに人が生きていくために必要な生理現象といえます。でもその働きを、注射や薬で抑えたりごまかしたりしていたら、どうなると思いますか?身体を守ろうとして働いている免疫機能が狂ってしまうのです。一旦狂い出すと、もうなかなか元には戻らないのがわたしたちの身体なのです。あなたはどちらの道を選ばれますか?

風邪をひいたら、安静に3日間の休養が必要です。安静にじっと大人しく休養が取れれば体外の風邪は、免疫力によって、克服することができます。それが、実行できれば、風邪が治った後も、一度かかった細菌やウイルスには、二度とやられることがないという二度なしの「抗体」というものが、人の身体には備えられます。もう一度冒されたウイルスには、冒されることがないのです。

さああなたはどちらを選ばれる方ですか?それは、風邪をひかれたあなた自身の問題です。どちらをとるかは、あなたの自由です。でも、その選択は、今後のあなたの生き方に大きな違いをもたらすことは確かです。もしわたしに、いわせてもらえば、わたしなら、はっきり言わせてもらいます。風邪は、インフルエンザも含めて「風邪は、ひく時にはしっかりひけばいい」のです。3日間の安静が、いくら辛くても、あなたの何よりも大切な健康を現在と将来にわたって守り続けてくれるのです。免疫力=自然治癒力を高めることがなによりも大切なことなのです。
[PR]
029.gif 風邪は治ったけど、咳がとまらない人には天突ですね

e0167411_9472052.jpg

この秋、風邪を引いてしまってという人は多いはずです。温暖化のため熱さは長く続きましたが、急に寒暖の差が激しくなりました。そういう時に風邪は、大きく口を開けて、わたしたちを待っています。わたしたち夫婦も案の定、風邪を引いてしまいました。二人同じくらいの時期にひいたので、一時期二人とも「ゴホン、ゴホン」と咳合戦みたいで大変でした。でも、風邪は3日くらいゆっくり休んでいれば、自然に治ります。薬はいりません。ただ、その後に長引いているのは、「咳」です。

たぶん二人とも、仕事でよく人と話をするので、喉が休まる時がありません。その影響もあって、咳が長引いてしまいました。きっとわたしたちだけではなくて、風邪は治ったけど、なかなか咳が止まらない人で困っている人は多いと思います。そういう人のために、わたしがやっている治療方法を教えますね。ただこれは、鍼灸治療院をやっている方へ向けたものですから、あまり一般の方には役には立ちません。これを参考にして、わたしのような鍼灸師をたずねるしかありません。その点はご了承ください。

わたしは、いつまでも咳をしている奥さんに対して、「天突」に鍼をします。大体わたしが使う鍼は、寸3(4センチ)の鍼です。天突は、人差し指で押していくと、スーと奥まで入っていくところがあります。ここに下方に向けて、斜刺で差していきます。特に無理をする必要はありませんが、わたしの場合は、4センチの鍼は、鍼柄まで入れてしまいます。この鍼は本当によく効きます。信じられないくらいです。大体、一回の治療で、咳はとまってしまうので、ウソみたいです。

本当に咳が続くのも、体力が消耗するし、勉強や仕事に集中できないので、日常生活に何かと支障がおこります。ですから、なるべくいつまでも薬に頼らないでこういう方法を試してみてください。おかげで、わたしはまだ、咳をしていますが、奥さんの方は、もうまったくと言っていいほど咳きはしていません。二人のこの差は、「天突」に刺した1本の鍼の違いです。

ただ治療家の方に、蛇足ではありますが、お願いがあります。わたしがこのような記事を書きますと、単純にうのみをしてしまって、本当に「天突」だけで、治療される方がいます。それで効かないと、何だウソだったのかということになってしまいますが、それは単純すぎます。鍼というのは、打てばいいのではなくて、効かせなければ何もなりません。風邪を引いている方、あるいは、こじらせて長引いている方は、身体のエネルギーのバランスが崩れているのです。ですから、肩こり腰痛などをまず治療して、エネルギーのバランスを整えてから、刺す「天突」の鍼が、効果を現すのです。その点をぜひご考慮ください。
[PR]
 もう風邪のシーズンは、過ぎたようだが、毎年冬になると風邪が猛威を振るう。学校では集団風邪を防ぐために「学級閉鎖」などの対応策をとる時がある。ましてやインフルエンザなどは、欠席扱いではなく、出席停止扱いとなる。つまり学校には来ては行けない。ということになっている。今日は少し風邪について考えてみたい。風邪を引くと、身体にどのような症状が起こるだろうか?考えられることをあげてみる。頭痛、咳、クシャミ、腹痛、下痢、嘔吐、ふるえ、寒気、関節痛、のどの痛み、発熱など。いろんな症状が考えられる。では、風邪をひいた時は、あなたならどのように対応するだろうか?薬局で風邪グスリを買う。病院に行く。葛根湯を飲む。身体を温めて寝る。休む。ざっとこんなところだろうか。ではそれらの是非を考える前に、「どうして、人は風邪を引くのか?」を考えてみたい。そんなことを言われなくても、もうわかっているという人がほとんどだろう。でもわかっていながら、人はよく風邪を引く。そこで、あえて「どうして、人は風邪を引くのか?」考えてみたい。

 風邪は、うつるもの。と考えると、細菌が、身体に入りそのことが原因で、あらゆる風邪の症状が引き起こされていることがわかる。特にこの細菌感染は、目や鼻や口が考えられるが、意外や目から感染することが多いのだそうだ。そのために、外から帰ってきた時には、うがいや手洗いをするという予防が大切だと言われているのはそのためである。でも、同じ細菌が原因でも、風邪をひきやすい人と引きにくい人がいるのはなぜだろうか?子供やお年寄りなどのように体力がない人が風邪を引きやすいことは確かだが、かといって体力があったら風邪をひかないかというと、そうとばかりは言い切れないところがある。というのは、一流のマラソンランナーでも風邪はひく。お相撲さんだって、プロレスラーだって野球の選手だって風邪を引く。そういうことを考えると、風邪は、誰でもひく可能性があることがわかる。そういう私も風邪はよくひいた方である。特に最近では減ってきたが、よく子供の頃や若い時に風邪を引いた。自分なりにその原因を考えた時、「栄養。疲労。休養」の3つのバランスが極端に欠けていた時に風邪にやられることが多かった。つまり、「どうして、人は風邪を引くのか?」これを医療の立場から考えると、こういうことになる。風邪には、外因と内因があって、外因はもちろん「風邪の細菌」。内因は、栄養、疲労、休養のどれかの欠如による、免疫力=自然治癒力の低下が原因である。そして、後者が原因であることが多いといえる。

 また、いつもの通り長い前置きになってしまったのでそろそろ本題に入ることにする。それにしても「人は風邪を引くと必ず発熱するのはなぜだろう?」あまりそんなことを考えたことがないから、わからない人が多いかもしれない。そういう私も、医療の専門学校に行く前は、知らなかったことだ。いや考えてもいなかったことだったかもしれない。どうして熱が出るのかを考える前に、どうしたら、熱をとるかを考えた方が余程実利的だからである。だから、このことを知った時には、少し驚いてしまったのである。それは、「細菌」というのは、熱に弱いから。だから、身体はそれを知っていて、あえて、身体の中に侵入してきた「細菌」に闘いを挑んだわけである。考えてみれば人間の身体は実に良くできている。風邪の諸症状を振り返ってみると、そのひとつひとつに原因がある。頭痛や腹痛やのどの痛みは、それぞれ、細菌がどこに侵入しているかがわかる。痛みは、異状や助けを求める警告である。クシャミや咳は、一生懸命に肺を守るために気道や気管支に細菌の侵入をくい止めようとしている。嘔吐や下痢は、消化吸収を止めて、細菌を身体の外に排出するための行為。寒気がなぜおこるかといえば、細菌の侵入により脳や大切な器官を守るために局部的に血液を集めたためである。震えが起きるのは、身体の体温を上げるための活動の始まりを意味する。それぞれに、身体を守ろうとして、必死に免疫機能が働いていることがわかったのである。私はこれらの身体の働きの意味について教えられた時は、驚きを通り越して「感動」してしまった。本当に、「人の身体はすごい!!」「神様は、本当に素晴らしい生理機能を私たちに与えてくれた」と改めて自然治癒力の存在に敬意を感じたのである。

 しかし残念なことは、多くの人がその事実に気がついていないということだ。せっかく身体が、全力で病気と闘っているのにそれに対してあまりにも理解がないということだ。たぶん、風邪をひいた時の対応は、ほとんどの人が、投薬にたよっているのではないだろうか?風邪薬は、一般的に強いといわれている。風邪薬のほとんどが、鎮痛解熱剤である。しかし、これらは先ほどからの身体の生理(身体の働き)反応や免疫反応にたいしてどのように働くのだろうか?考えてみてほしい。まるで反対だということがわかるだろうか。せっかく、身体を守ろうとして働いている免疫機能に対して、それをさせないようにしているのが、残念ながら現実に行われている医療なのである。その結果、せっかく上がった熱を解熱剤で無理に下げると、一時は楽になるが結果的には逆効果になることも十分あり得るのである。よく風邪をこじらせてしまったということを聞くが、その原因は、薬が原因であったことも十分あり得る。それどころか、風邪薬は、強いので薬を使うことが、副作用をよんだり、間違いなく自己免疫力の低下を起こす原因ともなる。もうこれだけいえば充分のような気がするが、これは風邪に対してだけではなく、私たちにおこった様々な病気に対しても同じようなことがいえる。本当に、あなたの投薬は間違ってはいないだろうか?薬に対する過信、盲信はないだろうか?見直していただきたい。


人気ブログランキングへ
応援のクリックありがとうございました。これからも鍼灸マッサージの素晴らしさを多くの皆様に伝えていこうと思います。これからも応援をよろしくお願いします。
[PR]