「鍼灸マッサージ師」について知ろう!

001.gif「『整体』と『マッサージ』とどう違うのか?」おそらく世間の人は、その違いについて知るよしもないことでしょう。そういう私だって、「鍼灸マッサージ師」を真剣に目指そうと考える前は、おそらく、その違いさえもわかりませんでした。「やっていることは同じなのにどうして名称が違うのだろうか?」そういう疑問は、世間にある以上、面倒くさがらずに「鍼灸マッサージ師」は、答えていかなければならないのだろうと思います。さもなければ、日本という国では、永遠にそのような疑問は、正しく理解されることはないからです。私も「鍼灸マッサージ師」という仕事に携わる以上、その疑問に答えていく義務があります。

 今回はその手始めとして、「ウィキペディア」という皆さんもよくご存知なフリー百科事典で「あん摩マッサージ指圧師」という職業を調べてみました。それだけでもかなり、先の疑問に対する答えが、明瞭に表されていました。以下にその文章を引用させてもらうことにします。


072.gifあん摩マッサージ指圧師出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

☆あん摩マッサージ指圧師(あんままっさーじしあつし、英Masseur)とは、………

 あん摩マッサージ指圧師国家試験に合格した者のこと。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律217号、「あはき法」と略す場合がある)に基づく国家資格である。按摩、マッサージ、指圧を行う。 なお、 あん摩マッサージ指圧師の国家資格とともに、はり師 、 きゅう師 の国家資格も全て持つ者を通称して、鍼灸マッサージ師(しんきゅうまっさーじし)または三療師(さんりょうし)ともいう。

☆概要 [編集]…………………

・法律上の正式名称は「あん摩マツサージ指圧師(一般的な読み名は『マッサージ師』)」である。
・「あん摩マッサージ指圧師名簿」とは厚生労働省に備えられている国家資格者名簿で、医師でいうところの「医籍」に相当する。
・現在はその登録事務を財団法人東洋療法研修試験財団が行っている。
・業としての内容はあん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術者である。基本的に器具は使用しないし、それを教えている専門学校も存在しない。養成所での教育内容を定める法律等でも、器具を使う施術は想定されていない。
・あん摩マッサージ指圧師とともに、はり師、きゅう師の全ての国家資格を持つ者を、鍼灸マッサージ師もしくは三療師とも呼ぶ。これらは本来、別個の国家資格であり、独立開業が出来る。勤務する場合は病院や診療所の整形外科や理学療法科やリハビリテーション科、併設の老人介護施設の機能訓練指導員がある。その他では鍼灸マッサージ治療院や鍼灸整骨院や訪問マッサージ事業会社等がある。あん摩マッサージ指圧師としての実務経験5年積めば介護支援専門員の受験資格が得られる。
・あん摩マッサージ指圧師の施術には医師の同意により健康保険の療養費も適用されている。健康保険の療養費適用疾患は筋麻痺と関節拘縮であり、医科との健康保険の併給は可能である。
・あん摩マツサージ指圧師免許、はり師免許及びきゅう師の免許の取得者は、教育職員検定により特別支援学校自立教科助教諭の臨時免許状が与えられる(教育職員免許法施行規則第65条。臨時免許状取得者は定められた経験、単位修得により普通免許状が与えられる)。

☆無資格者問題 [編集]…………………

・名称の如何に関わらず、マッサージを業とできる者は「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」のみ(業務独占)であり、無免許でこれらの行為を業として行ったものは処罰の対象となる。しかし、1960年1月27日のHS式高周波器の使用に関わる最高裁判所判決に基づき、「当該医業類似行為の施術が医学的観点から少しでも人体に危害を及ぼすおそれがあれば、 人の健康に害を及ぼす恐れがあるものとして禁止処罰の対象となる」が 「実際に禁止処罰を行なうには、 単に業として人に施術を行なったという事実を認定するだけでなく、その施術が人の健康に害を及ぼす恐れがあることの認定が必要である。」 (1960年3月30日付医発第247号の一各都道府県知事あて厚生省医務局長通知)この見解に基き、以「整体」や「カイロプラクティック」、「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」「リラクゼーション」などの名称でのマッサージ業類似行為をする者が後を絶たない。上のことからあん摩マッサージ指圧師関連団体は厚生労働省に対して法改正など定期的に協議している。
・医療機関でのあん摩マッサージ指圧師免許の所持が無い柔道整復師や鍼灸師による健康保険制度を悪用したマッサージでの慰安行為やそれに伴う保険請求も問題となっている。上記の案件に対しては度々、国会でも質疑応答や議論がなされている。
「健康保険#保険診療の問題点」も参照
・また、注意が必要なのは、厚生労働省通達によると施術行為自体で違法とはならずとも、あん摩・マッサージ・指圧を標榜して実際に類似行為を行えば「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」の違反となる見解を示している。また、「タイ式マッサージ」や「韓国式マッサージ」「インド式マッサージ」などは有資格者でなくとも同法の第7条第2項違反となるので注意が必要である。


034.gif「無資格者問題」について少し解説させていただきます

 「名称の如何に関わらず、マッサージを業とできる者は「医師」と「あん摩マッサージ指圧師」のみ(業務独占)であり、無免許でこれらの行為を業として行ったものは処罰の対象となる」とうたっています。しかし、「「整体」や「カイロプラクティック」、「足のツボ療法(リフレクソロジーを含む)」「リラクゼーション」などの名称でのマッサージ業類似行為をする者が後を絶たない」のはなぜでしょう?それは、「憲法」にある「職業選択の自由」に守られているからです。一方では、無免許者は、処罰の対象とうたいながら、もう一方では、「職業選択の自由」これは、明らかに矛盾です。こういうことが法律の世界ではよくあることです。でも、「人間の身体に関して施術を行うことは生命(いのち)にかかわることです」。だから、国家試験までうけて責任を持って、私たちは、この仕事を行っているのです。やはり今の日本の現状はおかしいとしかいい様がありません。
[PR]
by yakura89 | 2009-09-18 08:21 | 鍼灸指圧マッサージ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://yakura89.exblog.jp/tb/11159475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-09-18 16:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yakura89 at 2009-09-18 22:33
こんばんは、月一ままさん。近所によさそうな病院があってよかったですね。病院は、いろんな検査をしてくれるところがいいところです。それによって、自分の悪いところが特定できるとしたらそれに越したことはありません。でも、月一ままさんの場合は、どうでしょうか?自律神経の問題は、検査によってあらわれることが少ないからです。これを「未病」といいます。つまり、健康ではないけれど、病気まではいかない。という状態ではないかと思います。ごめんなさい、まだあったこともないあなたに、こんな予告までしてしまって、これは本当に失礼なことではないかと思います。でも、あまり病院に期待しないでください。病院で治らなかった方が、私たちのような治療院へ大勢見えています。だから、もし、その病院が、あまりたよりにならないなあと思ったら、一度、だまされたと思って、すぐに私のところに来てください。この、「シルバー、ウイーク」には、あなたを診てあげることができると思います。
Commented at 2009-09-23 13:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yakura89 at 2009-09-24 22:46
同業の方に見てもらえるなんて光栄です。これからの時代、この仕事は、ますます、多くの人に認められていくと思います。自然治癒力を高めていく、私たちの医療のあり方が、いかに大切なものか、これからも、自分のできる範囲で、皆様にお伝えしていくつもりです。これからもどうぞよろしくお願いします。もりちゃんのブログ、必ず読ませていただきます。