八倉治療院の庭にミツバチの大群がやって来た!

029.gif八倉治療院の庭にミツバチの大群がやって来た!

e0167411_6135624.jpg

1、やあ〜驚きました。つい3日前のことです。4月25日(日)ごご1時頃でした。午前中の患者さんを治療して、ヒラリーさんといつものように、お昼ご飯を食べていました。ちょうど食べ終わった頃でしょうか。天気もよかったので、洗濯物を取り込もうかと思って、はき出し窓を開けようとした瞬間です。何か外の様子がいつもと違う感じがしました。最初は何が何だかよくわかりませんでした。何かものすごい変な音が聞こえてきたのです。窓の外を見ると、何か得体の知れないものが舞っているではないですか。それは、よく見ると、ミツバチの大群だったのです。しかも、それが、何千匹か、何万匹かわかりませんが、おびただしい数の大群だったのです。それも、八倉治療院の庭の上だけなのです。しばし呆然として二人で外の様子を見ていました。この写真、よく見ると小さなミツバチがいっぱい舞っている様子がわかりますか?

e0167411_6151944.jpg

2、15分ぐらい庭のあたりを舞い続けたでしょうか。その後は、松の根元あたりに集中して集まってきました。まるで家の中から見ていると、松の根元あたりから、おびただしい数のミツバチが湧いて出るような感じでした。そして、30分ぐらい過ぎた頃からでしょうか。松の樹、地上1メートルくらいのところに集中的に集まりだしたのです。写真のような感じで、これが、どんどん大きくなっていきます。そして、幅20センチ長さ40センチ位の巣のような固まりが、しばらくモゾモゾした感じで動いていました。そして、ぱったり、全く動かなくなったのです。それは遠目にみると松の樹に似せた蜂の巣のようでした。写真の写りが悪いのは、はじめは、こわくて傍に近寄れる状態ではありませんでした。これは、家の中からデジタルカメラのズームで捉えたものです。

e0167411_616621.jpg

3、翌日の午前中10時くらいです。てっきりもう巣を作ったと思っていたのですが、近くに寄ってみるとなんと、ミツバチの巨大な固まりでした。それがほとんど全く動く様子がありません。ミツバチは、動いていなければ、こわいという気持はわいてきません。ただこれだけ、おびただしい数のミツバチを肉眼で見たことはありませんでしたから、ただただ驚くばかりでした。「これからどうするのだろうか?ここが気に入って、これから本当に巣を作り始めるのだろうか?」ヒラリーさんとの会話は、ミツバチのことばかりに集中しました。

e0167411_616426.jpg

4、前と同じ時間に撮った写真です。ミツバチのお尻の縞模様がはっきり写っています。しかしこの厚さは相当なものです。まるで、既に巣がこの下にあってその上にミツバチがとまって休んでいるのでしょうか?そんなふうにも見えました。

e0167411_6172998.jpg

5、それが、26日(月)ごご1時。やはり、何時ものようにお昼ご飯を食べ終わった後、ヒラリーさんが、蜂の固まりを見に行きました。そうすると、「あれ!すっかり消えていなくなっている」それを聞いた私は、「ウソ、そんなバカな!」見に行くと……。あれだけ多くの蜂の大群、巨大な蜂の固まりが、まったく、何事もなかったように消えているではありませんか?ほぼ、24時間。まる1日の出来事です。二人は、狐につままれたように、顔を見合わせました。
[PR]
by yakura89 | 2010-04-28 06:17 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yakura89.exblog.jp/tb/12551897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 織姫 at 2010-04-28 20:21 x
素晴らしい体験でしたね。義父がミツバチを飼っていましたので色々蜂の話を聞いています。一つの巣に複数の女王蜂が出来た時 「巣別れ」または「分蜂」といって女王蜂が働き蜂を連れて巣から分かれるようです。パクちゃんがいる時だったら大変でしたね。
Commented by yakura89 at 2010-04-30 16:15
本当に、貴重な体験をさせてもらいました。確かに、私たちの庭に女王蜂がいたんでしょう。それをたくさんのミツバチが守っていたんですね。集団で固まることで、姿を大きい生き物のように見せていたのだと思います。パクが生きていたらどうしだろう。庭で遊ぶのが大好きなパクでしたから、そんなことも二人の話題に出ました。本当に大変なことになっていたと思います。