アンドルー・ワイル

 ある日、地球交響楽ガイヤシンフォニーの映画監督、龍村仁さんからゆうメールが届いた。次のガイヤシンフォニーNo.7の製作予定の知らせである。仁さんは、私にとって「ソウル、ブラザー」のような人。その仁さんのライフワークであるガイヤシンフォニーの第7番の出演者に、私が、ずっと注目してきたお医者さん「アンドルー、ワイル」さんが登場する。「統合医療」を提唱しているアンドルー、ワイルさん。彼の著書は、昔から好きで全部読んだ。そのワイルさんが、仁さんのガイヤシンフォニーに出演が決まったのだ。仁さんとは、一度もワイルさんのことは話をしたことがないのに、それを見て、本当に驚いた。私が一番注目しているワイル博士。その博士を、仁さんも同じようにずっと注目していた。やはり私たちは、ソウルメイト、それよりもっと近い、「ソウルブラザー」なのだと思った。その仁さんが、彼の、ゆうメールの中で、ワイル博士のことを紹介しているので、その文章をそのまま引用させてもらうことにした。


アンドルー、ワイル

アリゾナ大学医学部教授、医学博士
1942年生まれ、アメリカ

 ハーバード大学卒、現アリゾナ大学統合医学プログラム部長。
 世界各地の伝統医療と西洋近代医学を統合する「統合医療」の世界第一人者。「人はなぜ治るのか」「癒す心、治る力」など、世界的ベストセラーの著者でもある。生命の「自然治癒力」という考え方は、彼の実践と研究によって世界的に広まった。
 17歳の時、交換留学生として初来日、初めて日本文化の自然観や生命観に触れた。毎日、抹茶を楽しむ大の親日家。子供時代の愛読書は日本の童話「桃太郎」、母が毎夜読み聞かせてくれた。ハーバード大学医学部時代、西洋医学の限界を痛感し、伝統医療の叡智を求めて、アマゾン奥地をはじめ、世界の僻地を旅し、薬草やシャーマニズムのフィールドワークを行った。
 1996年には、著書「癒す心、治る力」が全米のべすとせらーの第1位となり、「タイム」誌の「今、最も影響力を持つ25人のアメリカ人」にも選ばれた。彼の持つ経験と叡智は、医療の分野に止まらず、広くGAIAの「心」を知るうえで、深い示唆を与えてくれる。アリゾナの砂漠にすむかたわら、今、カナダB,C州の小さな島で、GAIAの「心」にそった理想的なライフスタイルを求めて、様々な活動を行っている。最新の著作は「ヘルシー、エイジング」、潔く、優雅に年を重ねる生き方をアドバイスしている。
[PR]
by yakura89 | 2008-12-30 11:00 | 統合医療 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yakura89.exblog.jp/tb/9309285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。